繁華街ブルース by 小林一之助

繁華街ブルース
営業での出張経験を生かして地方の繁華街を参考にした「接客術」を検証。特にキャバクラや風俗系の女性の接待術には目を見張るものあり。地方繁華街の特色やちょっぴりエッチな話題など織り交ぜお届けします。

キーワード:繁華街,飲み屋,パブ,接待,接客,ビジネス,アフター5

繁華街ブルース

26 深夜のラーメン
25 怪しげなパブ(考察)
24 期待はずれ
23 キャバクラ営業
22 客引き
21 深夜の電話
20 キャバクラ嬢の気持ち(2)
19 キャバクラ嬢の気持ち(1)
18 札幌のテレクラ(2)
17 札幌のテレクラ
16 お見合いパブ
15 レンタカー
14 派遣
13 ピンクチラシ
12 ビジネスホテル
11 ぼったくり(その2)
10 ぼったくり(その1)
9 怪しげなパブ(2)
8 怪しげなパブ(1)
7 仙台国分町
6 スーパーキャバクラ
5 キャバクラについて(2)
4 キャバクラについて
3 百年の孤独
2 札幌の夜
1 すきタン
00 ススキノ

自己紹介
発行部数
あなたもライターになれる
 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情2

老人ホームの裏事情

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援

オトコとオンナ

チョコレートカクテル

不倫のススメPart2

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.01.20
訪問者数:
更新:2009.07.07
デジタルたまごやトップ

第19回

キャバクラ嬢の気持ち(1)


キャバクラへ行って
何度か行って同じ女性を指名すると
その子とある程度仲良くなれることがある
携帯番号やメールアドレスを教えあったりする
ためしに電話してみると嘘ではなくちゃんと本人が出たりする
これはキャバクラ嬢の戦術なのだろうか?
私にはよくわからないのである

男は単純だから(私は特に単純なのかもしれない)
気に入った子がいると何度か通うことをする
話は合うし、はじめてではないので気を使うこともない
さらに男の欲求はエスカレートしてきて
なんとかこの子と店の外で会うことはできないだろうか
と考える

ただ、東京の繁華街の場合と地方の場合は
ちょっと違うようだ
出張サラリーマンの多い街の場合は
やはりそれなりに扱いが慣れているような気がする

冬の寒い日だった
ロビンソンの裏には抜き系の店がつらなっている
そのいかにも怪しげな雰囲気の中に
熟女系のキャバクラがある
すすきののキャバクラはみな若い子が多く
10代から20代前半のぴちぴちの子がいる店がほとんどである
そういう店もいいのだが
時としてそのハイテンションに疲れることがある
そんな時しっとりと飲みたい気分になる
その日はちょうどそんな気分だった

怪しげな雰囲気の地下にその店はあった
前に出張で来たときは気が付かなかったので
たぶん最近できた店なのだろう
階段を降りていくとすぐ店員の男性が出てきた
はじめてであることを告げ
システムの説明を求めた
すすきのでは10分1100円という最小単位が標準だが
ここでは東京でよくあるよな
50分7000円程度の設定であった
他に行くアテもないのでここで飲むことにする

客は他に1,2組いただけで空席が多くみられた
広さはワンフロアーでかなり広い
ここは私の記憶では以前は「オカマバー」だったと思う
とりあえず席に着いたが
その時私に付いた子はタイプだった
美人である
どこか人造的なかんじはしたが美人には違いない
たぶん年齢は20代後半程度であろう
髪をアップにしている
誰に似ているというわけではない
というか思いつかない

すぐに意気投合した
私は雄弁な方ではなくかつ人見知りをするので
キャバクラに行ってもあまり話せないでいることもある
よほど酔っている場合は別である
しかし、この子については別だった
心が開けたというか話やすい雰囲気を持っていた
酔うほどにうちとけて
携帯番号を教えあった
がこれはキャバクラでは普通なのである
最近のキャバクラ嬢は普通に携帯の番号を教えてくれる
作戦なのであろう
だが、この時点ではそこまで頭は回転しない
単純に喜んでしまった

これは誰にでも使う手なのだろうか?
気に入った客だけなのか?
大抵こっちは酔っているが彼女たちはウーロン茶程度しか
飲んでいないはずなので
ほとんどシラフだろう
だから、彼女たちの頭はきちんと回転しているはずだ
「指名」を得るための努力なのだろうか?
だが私は出張サラリーマンである
今度いつくるかなんてわからないし
仮に出張したとしてもこの店にくる確率は低いだろう
それでも「指名」を期待するのだろうか?

この日も「そうかな?」と思った
これが若い子のいる店で相手がうんと若い子だったら
まったくそう思ってそのままにしたのだが

ここでは違った
その子の年齢と落ち着いた雰囲気
それと話している時の態度や目線
などがどーも社交辞令には見えなかったのである
まんまとはまったのかもしれない
しかも
帰り際に「今度出張にきたら一緒にのみに行こうね」
とまでいわれてしまったのである
完全にはまったようだ
職業として言っているのなら実に見事である

嘘でももう一度来たくなってしまう
やっぱり私は単純である
続く

2002.10.02
小林一之助