繁華街ブルース by 小林一之助

繁華街ブルース
営業での出張経験を生かして地方の繁華街を参考にした「接客術」を検証。特にキャバクラや風俗系の女性の接待術には目を見張るものあり。地方繁華街の特色やちょっぴりエッチな話題など織り交ぜお届けします。

キーワード:繁華街,飲み屋,パブ,接待,接客,ビジネス,アフター5

繁華街ブルース

26 深夜のラーメン
25 怪しげなパブ(考察)
24 期待はずれ
23 キャバクラ営業
22 客引き
21 深夜の電話
20 キャバクラ嬢の気持ち(2)
19 キャバクラ嬢の気持ち(1)
18 札幌のテレクラ(2)
17 札幌のテレクラ
16 お見合いパブ
15 レンタカー
14 派遣
13 ピンクチラシ
12 ビジネスホテル
11 ぼったくり(その2)
10 ぼったくり(その1)
9 怪しげなパブ(2)
8 怪しげなパブ(1)
7 仙台国分町
6 スーパーキャバクラ
5 キャバクラについて(2)
4 キャバクラについて
3 百年の孤独
2 札幌の夜
1 すきタン
00 ススキノ

自己紹介
発行部数
あなたもライターになれる
 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情2

老人ホームの裏事情

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援

オトコとオンナ

チョコレートカクテル

不倫のススメPart2

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.01.20
訪問者数:
更新:2009.07.07
デジタルたまごやトップ

第21回

深夜の電話


東京から後輩を連れていった
彼はハードウェアの技術者であり
客先でトラぶったハードを動かそうという趣旨で同行させた
「楽勝ですよ」と彼は言っていた
「早く終わったら小樽で寿司でも食うか」
などと言っていた

ところが現実はそう甘くはない
こういう時にかぎってうまくいったためしがないのである
いやな予感は的中した
動かないのである
詳しい話はここでは避けるが
とにかくトラブルは解決せず
1件の客先に10時頃までいるハメになった
結局、この日は時間切れ(客先担当者が帰宅するというので)
翌日への持ち越しとなった

それから街に出た
せっかくの出張の夜をこのまま寝てしまうわけにはいかない
とにかくホテルに荷物をおろしたら
速攻で街へ出た

軽く食事とビールをすませたあと
れいによってキャバクラである
この日はあまり過激でない
おとなしい店を選んだ
のだが
当然「ショータイム」はあった
飲んで騒いで2時間ほどで店を出る

その後もう1軒ショットバーのような店で軽く飲み
最後にラーメンを食べて
ホテルへ向かった
午前2時くらいだったと思う
超スピードだ短時間でのハシゴ
ちょっと疲れた

ホテルの前まで着くと
同僚の携帯が鳴った
最初のキャバクラの彼女からだ
「今から飲みに行こう」という誘いである
たしかにキャバクラは2時くらいで終了しており
彼女らはこれからが遊びの時間なのであろう
それにしてもあちらから誘いの電話が
しかもその日のうちにあるというのは珍しい
ひょっとしたらチャンスなのかもしれない
(何のチャンスだ?)
が時間はすでに午前2時をまわっている
これで翌日が「帰京するだけ」というなら
問答無用でGOなのだが
実は今日の客先にもう一度動作確認に行く約束をしてきてるのだ

迷ったが友人はすでに正体なく酔っ払っている
私も睡魔との闘いに敗れかけている
断念することにした(もったいない)
丁重にお断りした
たぶん、こんな機会は2度とないだろう
もしかしたら「最後まで」いけたのかもしれないのに
と、今考えると思う
これを読んでいる読者諸氏もそう思っているかもしれないが
その時はとても飲みにいけるような状態ではなかったのだ

断腸の思いで断念し
ホテルへ入り
速攻で眠りについてしまった

翌朝、眠い目をこすりながら
頭痛を友に再び客先へと向かったのだった
(真面目なサラリーマンなのである)

2002.10.31
小林一之助