繁華街ブルース by 小林一之助

繁華街ブルース
営業での出張経験を生かして地方の繁華街を参考にした「接客術」を検証。特にキャバクラや風俗系の女性の接待術には目を見張るものあり。地方繁華街の特色やちょっぴりエッチな話題など織り交ぜお届けします。

キーワード:繁華街,飲み屋,パブ,接待,接客,ビジネス,アフター5

繁華街ブルース

26 深夜のラーメン
25 怪しげなパブ(考察)
24 期待はずれ
23 キャバクラ営業
22 客引き
21 深夜の電話
20 キャバクラ嬢の気持ち(2)
19 キャバクラ嬢の気持ち(1)
18 札幌のテレクラ(2)
17 札幌のテレクラ
16 お見合いパブ
15 レンタカー
14 派遣
13 ピンクチラシ
12 ビジネスホテル
11 ぼったくり(その2)
10 ぼったくり(その1)
9 怪しげなパブ(2)
8 怪しげなパブ(1)
7 仙台国分町
6 スーパーキャバクラ
5 キャバクラについて(2)
4 キャバクラについて
3 百年の孤独
2 札幌の夜
1 すきタン
00 ススキノ

自己紹介
発行部数
あなたもライターになれる
 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情2

老人ホームの裏事情

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援

オトコとオンナ

チョコレートカクテル

不倫のススメPart2

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.01.20
訪問者数:
更新:2009.07.07
デジタルたまごやトップ

第22回

客引き


客引きにひかかってはいけないと前に書いた
すすきのでは「観光協会」を名乗る客引きが
観光客や出張者を狙っているとも書いた
ひっかかると間違いなくボラれるとも書いた
自分でこれだけ書いておきながら
なんとも情けないのだが
私はどうも決心が弱いのと
アルコールが入るとどうでもよくなるので
よく客引きにひっかかる

また私は営業マンである
今は企業の営業におさまっているので
「飛び込みセールス」のような事はほとんどやらない
だが、ここへ来るまでにはいろんな職業を経験している
どうしても営業マン(またはウーマン)の気持ちを考えてしまう事がある

まったく相手にしなければそれはそれでいいのだが
適当に話をしてしまうと
どうにも断れなくなってしまうのである

先日もある東京都下の繁華街で
行きつけのスナックの女性と夕方から食事をし
そのまま、そのスナックで飲んだ時である
適度に飲んでいい気持ちになったので
「今日は早めに」と思い
店を出ることにした

そのまままっすぐ帰ればどうってことはなかったのだが
そのあたりでは大きめのキャバクラがあり
そこの前でなんとも愛嬌のある客引きの兄さんに
呼び止められてしまったのだ
愛嬌というとちと違うかもしれないが
芸能人でいうと松村邦洋とか、伊集院光のような体格的に
愛嬌のある兄さんだった
東京でのキャバクラは普通の飲みである
すすきのあたりとは違い
ただ女性と会話を楽しむだけのものである
それも十分知っていたのだが
つい、「もう少し飲みたい」と思って入ってしまった

べつにぼったくられたわけではない
こういう店は、たとえば
「1セット40分3000円です」といわれても
絶対それだけでは収まらない
それも知っている
だから、清算の時に3000円以上になっても
ぼったくりとはかぎらないのである
その覚悟も十分にあった

最初についた子が19才
とびぬけて可愛いというわけではなかったが
なんとなく気に入ったので「場内指名」した
もちろん飲み物もとってあげる
時間は2度ほど延長した
で、料金は1万円也である
ま、指名料、彼女の飲み物、私の延長料金
などを計算しても決して高くはない料金である
普通だろう

それで店を出た
いい気分で酔っている
記憶がなくなるほどの酩酊ではない
これで帰ればよかったのだ
が、
また外で呼び止められた
別なキャバクラである
もう止まらない

「最後にもう1件飲んでもいいかな」
などと思ってしまった
「90分で×千円です」といわれた
Xのところはもうよく聞いていなかった
どうでもいいのである
1万円以下であることには間違いない
90分という時間設定も長い方だ
行ってしまったヘ(;゚゚)ノ
ここでは場内指名はしなかったので
3人の女性が交代でついてくれた
最初の韓国出身の子がお気に入りだったのだが
「場内」まで気が回らなかった
3番目の子とは携帯の番号を交換した
(これは最近では普通なのだろう)
「指名」はしなかったが
飲み物を少し上げたので
帰る時の料金は1万円弱だった
安い方である

ここまで飲むとさすがに
酔っ払った
もう飲めない...

でこの日の清算だが
最初スナックの彼女と食事に行ったのが約1万円
そのスナックでの飲み代がやはり1万
キャバクラは2軒とも1万円づつ
ということでオールトータルで4万円弱
帰りのタクシー代が3000円程度(これは誤差範囲か?)

1回の飲み代にしてはちょいと高すぎるような気がする
反省している......
今回はぼったくられたわけではないが
客引きに誘われるままにあまり飲みにいくもんじゃないな

2002.11.14
小林一之助