繁華街ブルース by 小林一之助

繁華街ブルース
営業での出張経験を生かして地方の繁華街を参考にした「接客術」を検証。特にキャバクラや風俗系の女性の接待術には目を見張るものあり。地方繁華街の特色やちょっぴりエッチな話題など織り交ぜお届けします。

キーワード:繁華街,飲み屋,パブ,接待,接客,ビジネス,アフター5

繁華街ブルース

26 深夜のラーメン
25 怪しげなパブ(考察)
24 期待はずれ
23 キャバクラ営業
22 客引き
21 深夜の電話
20 キャバクラ嬢の気持ち(2)
19 キャバクラ嬢の気持ち(1)
18 札幌のテレクラ(2)
17 札幌のテレクラ
16 お見合いパブ
15 レンタカー
14 派遣
13 ピンクチラシ
12 ビジネスホテル
11 ぼったくり(その2)
10 ぼったくり(その1)
9 怪しげなパブ(2)
8 怪しげなパブ(1)
7 仙台国分町
6 スーパーキャバクラ
5 キャバクラについて(2)
4 キャバクラについて
3 百年の孤独
2 札幌の夜
1 すきタン
00 ススキノ

自己紹介
発行部数
あなたもライターになれる
 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情2

老人ホームの裏事情

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援

オトコとオンナ

チョコレートカクテル

不倫のススメPart2

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.01.20
訪問者数:
更新:2009.07.07
デジタルたまごやトップ

第23回

キャバクラ営業


あたらめて考えてみると
この連載をはじめたのは
キャバクラなどの風俗における接客術を書く予定だったのだ
いつのまにか「すすきの裏ガイド」みたいになってきてしまった
今回は基本に返ってみようと思う

キャバクラ嬢の営業術は長けていると思う
まず男のスケベ心を見抜いている
これは店で教育されるのだろうか
それとも女性の持つ天性のものなのだろうか
前にも書いたように最近は携帯電話の普及もあって
気軽に携帯番号やメールアドレスを教えてくれる
昔はやっと聞き出した番号がでたらめだったりしたこともあったようだが
今はその場の携帯を取り出して「ワン切り」してくれる
そうすると着信履歴に番号が残るので間違いないのである
メールアドレスも同じ要領で教えてくれる
まぁ今は携帯が安いのでいざとなったら携帯ごと新規契約しなおせば
いいのだからという意見もあるだろうが
友達にも番号は教えていたりするので
いざ携帯を番号ごと変更するとなるとけっこう大変なのである

出張者に対する作戦はこうである
男は単純なので「今度来たら....」と言っておく
スケベ心が増長される
男は素直に翌月出張した際に携帯に電話またはメールする
きちんと応対して、さも当然のように夕方の待ち合わせを約束する
待ち合わせて一緒に食事に行くのだが
当然夜の仕事(=店)があるので長くはいられない
出勤時間を遅らせて「同伴」してもらう
また店で金を使う
というパターンである

この中のどこかに彼女たちの本心がはいっているのだろうか?
「本気」になることなんてないのかもしれない
たとえば来た客がキムタクや長瀬ばりの「いい男」だったら
多少「その気」になることもあるのかもしれない

飲んでいるうちに
店が終わったあとどこかで一緒に飲めないだろうか
と考え始める
しかしながらこれはかなりハードルが高い
店は普通午前2時くらいまでやっている(らしい)
遅いと午前4時くらいまでのところもある
2時で終わればなんとか行けそうなもんだが
なかなかYESとは言ってくれない

と考えると
やはり教育されているのだろうか
なんて表現したらいいのか
こう、かぎりなく近づいて来るのだが
つかまえようとすると逃げてしまう
あきらめて追うのをやめると
また思わせぶりに近づいてくる
なんか恋の駆け引きみたいなかんじだ
それで絶対最後の一線は越えさせない

やはり職業的に相手されているとしか思えない
しかし単純な私は
いつかその一線を越えられそうな気がしていて
今日もまたかようのである

2002.11.28
小林一之助