繁華街ブルース by 小林一之助

繁華街ブルース
営業での出張経験を生かして地方の繁華街を参考にした「接客術」を検証。特にキャバクラや風俗系の女性の接待術には目を見張るものあり。地方繁華街の特色やちょっぴりエッチな話題など織り交ぜお届けします。

キーワード:繁華街,飲み屋,パブ,接待,接客,ビジネス,アフター5

繁華街ブルース

26 深夜のラーメン
25 怪しげなパブ(考察)
24 期待はずれ
23 キャバクラ営業
22 客引き
21 深夜の電話
20 キャバクラ嬢の気持ち(2)
19 キャバクラ嬢の気持ち(1)
18 札幌のテレクラ(2)
17 札幌のテレクラ
16 お見合いパブ
15 レンタカー
14 派遣
13 ピンクチラシ
12 ビジネスホテル
11 ぼったくり(その2)
10 ぼったくり(その1)
9 怪しげなパブ(2)
8 怪しげなパブ(1)
7 仙台国分町
6 スーパーキャバクラ
5 キャバクラについて(2)
4 キャバクラについて
3 百年の孤独
2 札幌の夜
1 すきタン
00 ススキノ

自己紹介
発行部数
あなたもライターになれる
 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情2

老人ホームの裏事情

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援

オトコとオンナ

チョコレートカクテル

不倫のススメPart2

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.01.20
訪問者数:
更新:2009.07.07
デジタルたまごやトップ

第25回

怪しげなパブ(考察)


以前に書いた「怪しげなパブ」だが
2回ほど行ったと書いた記憶がある
しかし、実はその後、もう一度だけ行ったことがある

その日もいつものようにすすきので達人たちと飲んだ
達人とだけなら、「過激キャバクラ」へ行くのだが
今回は「まじめな」別の営業マンと一緒だったため
ショットバーなどへ行って
適当に飲んでいた
かなり飲んだのだが、私は物足りない状態だ
とりあえずお開きになったのは
午後11時すぎ
一人で過激キャバクラへ行ってもいいのだが
なんとなくさびしい気がした
テレクラでナンパするのも考えたが
あまりヒット率は高くないだろう
「お見合いパブ」は前に行ったことがあるが
一人でシャイな私は声をかけられずに終わった苦い経験がある
「それなら」と思いついたのが
「怪しげなパブ」である

ビルの7階まで
あがるとエレベータホールに
何組かのサラリーマンとご婦人のペアがいた
店の入り口まで行くと
中から続々とカップルが出てくる
「カラオケいきましょう」といった会話も聞こえてきた
おそらく(おそらくだよおそらく)
中でできたにわかカップルなのだろう
入り口で躊躇する
中をのぞくと、もう客はほとんど見えない
受け付けでちょっと係りの人に聞いてみた
「もうお客さんいないの?」
「あと一組いらっしゃいますが、もうお帰りになるところです」
「うーん、じゃぁ今から入ってもあれかなぁ」
「どうでしょう?これからこられる方もいらっしゃるかもしれませんが」
という会話があった
かなり迷った
時間も時間だし
しかし、結局、入店した
どうせ暇だし
ここはそんなに高い店ではない
適当に時間をつぶしていればいいことがあるかもしれない
というものすごく都合のいい理由で自分を納得させてしまった

入った
がたしかに客は私一人だった
あとから誰かくることを期待して
ひとりでさびしく飲んで待つ

しかし、やはりこの店は変だ
さっきエレベータホールや、入り口ですれ違ったカップル
(100%中年以上だが)
はあきらかににわかカップルだろう
おそらく別々に入店して
店の中でできあがったのだと想像できる
中でカップルができあがってしまえば
もうこの店には長居しても意味がない
適当に飲んで2次会、3次会と行くのだろう
(以前の私がそうだったように)
その後、どうなるかは本人たちしだいだが
(私の場合は。。。。。)

小1時間ほど一人で飲んで待っていたが
客が来る気配はない
いいかげん眠くなってきてしまったので
帰ることにした
やはりあまり遅い時間に一人で行ってもダメなのだろう

つまりはこうだ
店は7時くらいから開店している(もっと早いかもしれない)
なるべくなら8時くらいまでに入店して
時を待つ
客はすこしづつ増えてくる
そのうちバンドの演奏がはじまる
しばらく演奏しているので
そのどさくさで、ナンパを試みる
チークまでいければ大成功だ
その後は一緒の席で飲む
あとは、気が合えば
2次会へ誘い出す
というかんじだろう
だから
11時くらいまでには勝負はついてしまっている

今度行く時はもっと早くいく事にしよう

ということでこの日は
何もなく
とっとと帰って寝ることにした
おやすみなさい

2002.12.31
小林一之助