繁華街ブルース by 小林一之助

繁華街ブルース
営業での出張経験を生かして地方の繁華街を参考にした「接客術」を検証。特にキャバクラや風俗系の女性の接待術には目を見張るものあり。地方繁華街の特色やちょっぴりエッチな話題など織り交ぜお届けします。

キーワード:繁華街,飲み屋,パブ,接待,接客,ビジネス,アフター5

繁華街ブルース

26 深夜のラーメン
25 怪しげなパブ(考察)
24 期待はずれ
23 キャバクラ営業
22 客引き
21 深夜の電話
20 キャバクラ嬢の気持ち(2)
19 キャバクラ嬢の気持ち(1)
18 札幌のテレクラ(2)
17 札幌のテレクラ
16 お見合いパブ
15 レンタカー
14 派遣
13 ピンクチラシ
12 ビジネスホテル
11 ぼったくり(その2)
10 ぼったくり(その1)
9 怪しげなパブ(2)
8 怪しげなパブ(1)
7 仙台国分町
6 スーパーキャバクラ
5 キャバクラについて(2)
4 キャバクラについて
3 百年の孤独
2 札幌の夜
1 すきタン
00 ススキノ

自己紹介
発行部数
あなたもライターになれる
 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情2

老人ホームの裏事情

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援

オトコとオンナ

チョコレートカクテル

不倫のススメPart2

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.01.20
訪問者数:
更新:2009.07.07
デジタルたまごやトップ

第26回

深夜のラーメン


札幌というとやはり「ラーメン」を連想する人も多いと思う
私もラーメンは大好きだ。
しかし、観光ガイドに載っているようなラーメン屋もいいが
そうではない地元の人がよくいくような
「おいしいラーメン屋」に行きたいと思う。
そんな時、私は地元の女性に聞くことにしている

たとえば、キャバクラで付いてくれた女性に聞いてみたり
あるいは、風俗店の女性に聞いてみたりする
もちろん、地元の営業マンにも聞いてみることも忘れない

名誉のためにあえて言わないが
観光で有名な「○○横丁」は「見るだけにしなさい」
と口をそろえていわれる
実際、私はそこへ行った事がないので
これ以上のコメントは避けておくが
彼ら(彼女ら)が教えてくれた店は、まぁ大体
はずれることはない
ということは「見るだけ」にもそれなりの理由はあるのだろう

風俗嬢に人気のあるのは
「じゅうべえ」というすすきののど真ん中にある店である
ここはこってり系だが
たしかにうまい
風俗店で聞くと、必ずこの店の名前を言う
まぁ、すすきの内にあるので
彼女らの店から近いというのもあるのだろうし
深夜まで開いているということもあるのだろう
ここでは、「長者にんにく入り」のラーメンが
私は好きである
こってりが好きな人にはお奨めだ

キャバクラ関係に人気があるのは
武蔵だろう
この店はTVや雑誌でも有名なので
知っている人も多いかもしれない
札幌の中心地からはちょっと離れているので
行きづらい
私は実は1度タクシーに乗って行ってみたのだが
あまりに待っている人が多かった
聞くと「50分待ち」と言われたので
あきらめて
Uターンしてきたことがある
だから、食べたことはない

純連も有名だが
私は札幌の純連には行ったことがない
実は、新横浜のラーメン博物館で食べたことはある
ここのラーメンは私が今まで食べたラーメンの中では
3指に入るだろう
最近では高田馬場あたりにも支店ができたらしいので
行ってみようと思う
札幌でも一度は食べておきたいが、、、

男性諸氏は経験があると思うが
酒を飲むと何故か仕上げにラーメンを食べたくなる
芳蘭や、昇竜のラーメンも捨てがたいが
やはり私はじゅうべえへ行くことにしている
寒い夜は、ここで熱いラーメンを食べてから
ホテルに帰るのである
明日への活力源だ
体にはよくないかもしれないけど。。。

さて、この連載をはじめて約1年
当初の目的とは違った内容になってきてしまったにも
かかわらず
たくさんの人に呼んでいただきまして
感謝の気持ちでいっぱいです
内容は変化してしまいましたが
少しでも出張者の目から見た繁華街の情報を提供できていれば
幸いです
そろそろ情報もプアになってきたようなので
ここらで一度お開きにさせていただきたいと思います
また、しばらく充電したら
よりパワーアップした内容をお届けできれば
と思っています
ご愛読ありがとうございました

2003.01.17
小林一之助