繁華街ブルース by 小林一之助

繁華街ブルース
営業での出張経験を生かして地方の繁華街を参考にした「接客術」を検証。特にキャバクラや風俗系の女性の接待術には目を見張るものあり。地方繁華街の特色やちょっぴりエッチな話題など織り交ぜお届けします。

キーワード:繁華街,飲み屋,パブ,接待,接客,ビジネス,アフター5

繁華街ブルース

26 深夜のラーメン
25 怪しげなパブ(考察)
24 期待はずれ
23 キャバクラ営業
22 客引き
21 深夜の電話
20 キャバクラ嬢の気持ち(2)
19 キャバクラ嬢の気持ち(1)
18 札幌のテレクラ(2)
17 札幌のテレクラ
16 お見合いパブ
15 レンタカー
14 派遣
13 ピンクチラシ
12 ビジネスホテル
11 ぼったくり(その2)
10 ぼったくり(その1)
9 怪しげなパブ(2)
8 怪しげなパブ(1)
7 仙台国分町
6 スーパーキャバクラ
5 キャバクラについて(2)
4 キャバクラについて
3 百年の孤独
2 札幌の夜
1 すきタン
00 ススキノ

自己紹介
発行部数
あなたもライターになれる
 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情2

老人ホームの裏事情

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援

オトコとオンナ

チョコレートカクテル

不倫のススメPart2

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.01.20
訪問者数:
更新:2009.07.07
デジタルたまごやトップ

第0回

ススキノ


数年前と比べるとあきらかにススキノの観光客の数は減った。
交差点ごとに立っている 自称「観光協会」という ポン引きも
その数は、かなり減ったように思える。
この町の店は生存競争が厳しく、店もコロコロ変わっている。
歌舞伎町ほどではないのだろうが、なじみの店の屋号も変わってしまうことが多い。
さて、今回は日本有数の繁華街である「札幌すすきの」について
ちょっとだけ書きたい。
札幌へ旅行や仕事で行く人のために注意しておくと
冒頭で書いたこの「観光協会の方から来た」人たちは、いわいるポン引きである
決して、「親切な人だ」などと思ってついていってはいけない。
100%ぼられること間違いない。
声のかけかたは、交差点でぼやぼやしている観光客にちかづいて
「今日は、飲みですか?、それとも?、どんな店をお探しで」とくる。(定石だ)
適当にあしらえばいいのだが、観光や出張で、たまにしかこないような場合
地元のお客さんや、支店の人に案内してもらえばいいのだろうが
そうでない場合は、どんな店へ行こうか、どうやって行こうか迷うのは
しょうがないことである。
#そこで、我々のバイブル「すきタン」の登場となるわけだが
#これについては、次回に
そこへつけこんでくる!
困っているところへ、親切そうに声をかけてくる
しかも彼らは、次にこういってくる
「私はすすきの観光協会の方から来ました、観光客の人にいい店を紹介するのが役目です」
嘘ではない。
観光協会の「方」から来たのだ。(方角のことを言っている)
この人たちは、プロなので「地元」のサラリーマンには決して声をかけない。
狙うのは「観光客」だけである。
でわ、観光客とそうでない人をどう見分けるのか?
冬場は簡単である。
文字通り「足元を見る」のである。
冬の札幌は最高気温でもマイナスの日がある。
当然、道路は凍る。
だから、地元の人はビジネスシューズでも、靴裏はスタットレスタイヤのような
滑りにくいものを使用している。
我々のような出張サラリーマンは、リーガルの木底のつるつるで行ってしまうから
ひと目で「地元でない」ことがバレてしまうのだ。
そのほかにも見分け方はたくさんある
1.団体であるいている
2.視線がビルの上のネオンにいきがち
3.交差点ごとに道を確認している。
4.カメラ(これは究極だね)
とか、多々あるので夏場でも、見分けは簡単。
ためしに、交差点に立って、歩いている人を観察してみるといい。
素人でも一発で観光客を見分けられるはずだ。
かく言う私も痛い目にあったことがある。
では、この「協会の人」をあしらったあとは、どこへ行けばいいか?
一人になってしまった場合、どんな店に何を頼りに行けばいいのか?
それを次回で紹介しよう。
小林一之助