万能の神!もうたくさんです! by 日野原公路

万能の神!もうたくさんです!
時代の閉塞感の中で何とか生きて行かなくてはいけない私達。このメールマガジンは、そうした泥沼の中を生き抜く私達のためのいわば暗黒の「天声人語」になればと思います。一筋の光が見えますかどうか、さて?

キーワード:サブカルチャー,B級,本音,消費文化,不幸,政治,行政

新着コラム

11 やっぱり魚は馬鹿だった?(後編)
10 やっぱり魚は馬鹿だった?(前編)
9 文脈の冗談
8 わ・る・い・ひ・と!
7 唐突ですが、たまごっち!
6 お金に関する秘匿の話
5 パラパラに見る「みんなと同じ」の恐ろしさ
4 ドラえもんの悲劇
3 祝・せんだみつお復活!
2 不幸だった人達が書いた本について
1 匙2つ(さじふたつ)
0 創刊にあたって

発行部数
 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情2

老人ホームの裏事情

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援

オトコとオンナ

チョコレートカクテル

不倫のススメPart2

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.01.05
訪問者数:
更新:2011.02.16
デジタルたまごやトップ

第1回

匙2つ(さじふたつ)


 日々の生活の中でたわいもないくらいにささやかなことが何とも嬉しい事に感じられる時がある。それはたいていの場合、他人にとってはどうでもよい事だが、本人にとっては大変に重要な事である。しかしそれは、その本人もしばらくすると忘れていたりして、本当に重要なことなのかどうかはよくわからない結局はどうでも良いこと、もしくは本人による都合の良い勝手な思いこみであることがけっこう多い。先日私もそうした経験をしたのである。

 所用で遅くなったある金曜日の帰り道。急に甘いものが食べたくなり、とあるコンビニでマロンカスタードケーキとナタデココゼリーを買う。家に帰ってから早速食べようと思って袋から買ったものを出すと、なんと嬉しいことに匙が二つ付いているではないか。勿論、付いてきた匙が数量的に多かったということで嬉しかったのではない。

 では、なぜそんなことで何で嬉しくなったのかというと、現在独身である私が一人で全部食べるのではなく、同棲している彼女もしくは奥さんのためにお土産として買っていくのだろうとコンビニの店員さんが気を利かせたに違いないと思ったからだ。もし、匙が一つしかなければ、どうせこのオッさんは見かけによらず甘い物好きで、金曜の夜も何もやることがなく、唯一の楽しみは甘いものをたらふく食べる事くらいだろうと私が思われていたことの例証にもなってしまう。そのとき私は、この匙を2つ付けてもらったという事実がいかに重大な意味を持つかということを解読できた喜びと、自分もまんざら捨てたものではないのだという自信に満ちあふれていた。

 が、それもつかの間、ここで一つのことに気が付いた。それは、コンビニの店員さんは品物には一つ一つに匙を付けるという店員マニュアルに沿った手続きをただ忠実に実行していただけかもしれないということである。この今さらながらの当たり前すぎる原則を再認識して、私が解読と自負していたものがいかに単なる思いこみ、それも妄想に近かったかに改めて気づかされた。2つのプラスチックの空き容器を前にして、きびしい現実に引き戻された私であった。

2001.01.05
日野原公路

スポンサード リンク