万能の神!もうたくさんです! by 日野原公路

万能の神!もうたくさんです!
時代の閉塞感の中で何とか生きて行かなくてはいけない私達。このメールマガジンは、そうした泥沼の中を生き抜く私達のためのいわば暗黒の「天声人語」になればと思います。一筋の光が見えますかどうか、さて?

キーワード:サブカルチャー,B級,本音,消費文化,不幸,政治,行政

新着コラム

11 やっぱり魚は馬鹿だった?(後編)
10 やっぱり魚は馬鹿だった?(前編)
9 文脈の冗談
8 わ・る・い・ひ・と!
7 唐突ですが、たまごっち!
6 お金に関する秘匿の話
5 パラパラに見る「みんなと同じ」の恐ろしさ
4 ドラえもんの悲劇
3 祝・せんだみつお復活!
2 不幸だった人達が書いた本について
1 匙2つ(さじふたつ)
0 創刊にあたって

発行部数
 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情2

老人ホームの裏事情

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援

オトコとオンナ

チョコレートカクテル

不倫のススメPart2

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.01.05
訪問者数:
更新:2011.02.16
デジタルたまごやトップ

第4回

ドラえもんの悲劇


唐突で恐縮だが、「ドラえもん」は悲しい。このように書くと、夢と希望溢れる日本発の国際的な文化を貶していると思う人がいるかもしれない。

 では、ドラえもんの何が悲しいかというと、夢や希望を与えてくれるのは良いが、それは結局、やはり夢や希望に終わってしまう点だ。のび太がドラえもんの出す道具によって、人間的に成長していくような物語が全くないわけではない。しかし、次の放送では、すっかりと自分の成長を忘れてしまった、出来の悪いいつもののび太に戻ってしまう。つまり、ドラえもんによって、事態が好転して行くという事は決してない。

 なぜなら、のび太が人間的に成長してしまったら、ドラえもんはもうすることがなくなってしまうのだ。あとは、未来に帰るより他はない。つまり、ドラえもんという物語を持続させるには、のび太の人間的な成長を止めなくてはいけない。のび太を成長させるために未来からやって来たのに、成長させては話が終わってしまうという本質的な矛盾。

 それは、のび太の人生が決してバラ色に開かれた未来へ広がってはいかないという事を意味する。のび太は駄目な奴と後ろ指さされる人生をひたすら走り続けなくてはいけない。

 しかしながら、このドラえもんも単行本6巻においては、一度のび太をおいて未来へ変えることになる。このときばかりは、のび太もいつもいじめられているジャイアンに必死に立ち向かっていく。そうしないと、ドラえもんが安心して未来へ帰れないからだ。結果、ジャイアンは必死ののび太の抵抗におそれをなして退散する。

 ドラえもんは本来であればここで終わるべきであったのではないかと思う。その後はご存じの通り、物語は継続し、未だにのび太は駄目な奴のままだ。のび太を成長させて、私たちもこの物語と決別するか、私たちが夢や希望の幻想を見続ける為に彼に駄目な奴で居続けてもらうのかのどちらかを選ぶというのは、案外厳しい選択かもしれない。

2001.01.26
日野原公路

スポンサード リンク