エンタメギョーカイ事件帖 by あおいさんご

エンタメギョーカイ事件帖

現役クリエイターがテレビや映画、演劇などメディアの現場で見聞きしたことを生々しくリアルに紹介。エンターテイメントに興味ある人だけでなく業界人を目指す人にも幅広く参考になります。真実だからこそ面白い、エンタメギョーカイ事件帖。

キーワード:映画,演劇,テレビ,シナリオ,企画制作,自主映画,俳優,オーディション

新着コラム

10 ほんとにあった!?呪いのビデオ
9 投稿される心霊写真
8 キューティーガール2
7 キューティーガール
6 漫画家、原作者、編集者
5 映画祭というイベント
4 t.A.T.u.のドタキャンってオイ!
3 交渉人のロケ
2 アイドルとカメコ
1 俳優ビジネス
0 盗作・映画

自己紹介
発行部数
あなたもライターになれる
 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情2

老人ホームの裏事情

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援

オトコとオンナ

チョコレートカクテル

不倫のススメPart2

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2003.05.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ

第10回

ほんとにあった!? 呪いのビデオ


というわけでいよいよこのメルマガも最終回となったわけですが、前回記事がものの見事にグーグルにサーチされて、メーカーに見つかってしまいました。それで、なんだこんなことやっているなら是非宣伝してくださいよってな
お願いを受けまして・・・。いそいそと本文末に「呪いのビデオ THE MOVIES2」の記事を少しだけ載せますので、お目汚しかと危惧しながらも、まあ最終回ですので。

ビデオのくせにムービーとはこれイカに、というツッコミはのどの奥の奥の方に飲み込んでください。映画になるくらいなんだから、きっと面白いに違いありません。ぼくは見てないですけど。

で、その「呪いのビデオ」ですが、ぼくの担当するものがようやくタイトルが決定したようで、「ほんとにあった! 呪いのビデオ 戦慄投稿BEST20スペシャル」だそうです。ここまで書いたら今度は一発で検索ヒットでしょうが、まあ最終回ですので。

こういった作品をやるようになると、結構あちこちから「ほんとにあるの?」と訊かれます。
どきっとしますな。

わざわざタイトルに「ほんとにあった!」と書いてあるっつうの。
ビックリマークまで付けて強調しているっつうの。
大人なんだからその意味を汲みなさいといいたくなりますが、そこは我慢の子ですよ。
人間は疑がり深い生物。自分でそういうビデオを撮ってしまうまでは、きっと半信半疑のままなんでしょう。いいことばだ。半信半疑。

でも、実際問題、映画とかテレビの仕事をしている人たちの中には、実際に霊現象に遭遇した人たちがいっぱいいて、彼らの話を総合すると、どこか屋内で撮影するとき、使用料が相場よりお安かったりすると、その可能性が大。

ここ数日、レポーター探しにあちこちプロダクションを回ったのですが、ある社長がこんな話をしてくれました。

「出ない出ないと思って撮影していると、出るんだよ」

主語を省くのは日本語の美しさです。

「あるテレビで絶対出ないところでロケしようということで、絶対に出ないといわれている病院でやったんだけど、そこの霊安室でセット組んで線香を焚いたら、その入れ物ががーっと横滑りしたんだって。傾いてるわけないのに」

わざわざ霊安室でやるからだろっということばをぼくは必死に飲み込みましたよ。ええ。その生唾を飲む音が聞こえたんでしょうね、社長は畳みかけるようにもう一つ、「実は俺もあってさあ」と霊自慢ですよ。

「幻冬舎から出てる心霊スポットを紹介する本があって、それを買ったら高熱が一週間。40度も出てさ」
「古本だったんじゃ?」と訊くと「新刊だったんだよ。でもそれを人にあげたら、けろっと治って」
「じゃあ、そのあげた人はどうなったんですか?」
「『あっ』っていうからどうしたのって訊いたら、友だちがその本を買ってから行方不明になってるっていうんダヨネ」

・・・DAYONEっていわれても。古いラップじゃないんだから。
相づちにも困ってしまいますが、「ほんとにあった! 呪いの本」ですよ。
さすが幻冬舎。
新刊本に呪いをかけるとはやっぱり出版界の風雲児ダヨネ。

ともあれ、そんないきさつもあり、レポーターはそこの事務所の小出美香さんにお願いすることになったんですが、真っ昼間だというのに、この小出さんがまた怖い話を持ち出してくるわけです。

いわく、以前CMで「旅をする」内容だったときに泊まった旅館がとんでもないところで「もう映り込んじゃってしょうがないってカメラマンさんが」いっていたり、「一番端の縦三部屋に泊まったスタッフがみんなおばあさんに刺される夢を」見たりとか。

うわ、刺されたくねえ・・・って答えるのが精一杯。

さあここまでくると、ぼくだけ怖い体験がないのでちょっと悔しい思いもするわけですよ。
で、苦し紛れに「いやあ実はぼくのマックもときどき押してもないのに下キーを連打するんですよねえ」といったらシーン・・・。

いや、その、実際問題ですね、エクセル使ってると500セルくらいまでスクロールされちゃって困るんですよ! 
ほんとです! ほんとなんです・・・(以下釈明が続く

閑話休題。
最終回だというのにくだらない話に終始しておりますが、そんな「呪いのビデオ」、ぼくのは来年1月発売。映画の方はこちら。

■□■□■□■□■□■□■□■□■
「ほんとにあった! 呪いのビデオ THE MOVIE2」
10月27日(月)〜10月31日(金)
テアトル池袋にて5日間限定レイトショー!
劇場窓口購入者限定44名に呪われま線香THE MOVIE版をプレゼント。
■□■□■□■□■□■□■□■□■

劇場版第2段の今回は「ビデオにうつる不可解な声」。
声が映るってのも変ですが、そこが呪いですね、きっと。劇場ロビーでは、その声をじっくり聞いてもらう「実演コーナー」も特設してあるみたいですし、あなたもチャレンジしてみたらどうですか。

それにしても・・・呪われま線香て!
むしろ呪われそうな気がするのはぼくだけ?

2003.10.12
ビデオメーカー (2003/08/22)
売り上げランキング: 27,077
通常8〜10日以内に発送

 

 

あおいさんご

スポンサード リンク