はたちこらむ -野原かりん-

リンクロゴ

since2000.09.01

野原かりん「はたち」・・・が思うところを書いています。静かに見える火口湖も、その地中深くには熱いマグマが躍動しています。揺れては止まりまた揺れる・・胸の鼓動を感じ取ってください

キーワード:女性,人生,哲学,バイト,男性観,恋愛,悪知恵,学校生活,旅行,穏やか系

ご案内

野原かりん自己紹介

ライター募集

コラム

13 最終号
12 ショ−ト・ホ-ムスティ
11 失敗
10 高額な授業料
9 食べることが大好きな私
8 文化と歴史の十字路
7 知らない人と
6 誇り
5 節約生活
4 弱くなったお父さんとお母さん
3 やっと起きた私
2 お金の貯め方
1 シブイ男

第2回

お金の貯め方


カネは本当に欲しいものだけに、けちらず投資する。これが私のやり方。

・・・とはいうものの元々ケチり癖のある私は昔は「安物買いの銭失い」とよく言われた。安くてかわいければ買う。安かったからそれにたいした執着もなく、また次を買う。その時々はたいした額でもないのに気づけば通帳の中身がすっからかん。

しかし、そのうちに一生モンに目覚めるときは来た。この私にも来た。

「あるカネで買う」のではなく「ほしいものを買う」一生モンに目覚めたんだから、そんな安いモンじゃない。貯めることを知った。

違う金融機関の通帳をふたつ作った。ひとつは生活費用、もうひとつは貯金用。バイト代は「貯金用」に振り込まれる。そのうち、食費、ケ−タイ代、交際費分を「生活費用」に移し変える。いつも持ち歩くキャッシュカ−ドはもちろん生活費用のみ。そうすれば、否応なく、貯金ができる。貯金対生活費の割合は欲しいものによって決める。

そうすることによって、私は今、3ヶ月に一度の割合で「自己発見、兼、趣味」でもある海外へ赴いているというわけだ。「ビンボ-大臣」が「貯金王」にまでなった。

まあ、そのうち話すことになるだろうけど、バイトも結構やってる。バイトをうまくやることもポイントだと思う。

とにかくカネは、浮気せず欲しいものを常ににらみ続けて貯める。そして貯めたカネをけちらず投資。これが私のやり方。

2000.09.08
野原かりん

スポンサード リンク

デジタルたまごや