はたちこらむ -野原かりん-

リンクロゴ

since2000.09.01

野原かりん「はたち」・・・が思うところを書いています。静かに見える火口湖も、その地中深くには熱いマグマが躍動しています。揺れては止まりまた揺れる・・胸の鼓動を感じ取ってください

キーワード:女性,人生,哲学,バイト,男性観,恋愛,悪知恵,学校生活,旅行,穏やか系

ご案内

野原かりん自己紹介

ライター募集

コラム

13 最終号
12 ショ−ト・ホ-ムスティ
11 失敗
10 高額な授業料
9 食べることが大好きな私
8 文化と歴史の十字路
7 知らない人と
6 誇り
5 節約生活
4 弱くなったお父さんとお母さん
3 やっと起きた私
2 お金の貯め方
1 シブイ男

第13回

最終号


こんばんは。野原かりんです。

私のメ−ルマガジンを読んでくださっていつも感謝の気持ちでいっぱいです。

私は今3回生で、就職活動が始まり気を引き締めていた一方で、「留学」の夢が心の中にずっとありました。

こんな気持ちにカツを入れてもらわねばとある新聞社が主催する就職ガイダンスに参加したところ、就職する前に夢を追いかけてもいいんではないかと思えるお話をしてくださいました。

人間、生きているからには、楽しく生きた方がいいに決まっています。人間、好きなことをやっているときは輝いているし、輝いている自分は生きてて楽しいし、そして、自分のことが大好きになれる。生きてきたからには自分のことを好きでいてあげたい。生きてきたからには輝いて楽しくやっていきたい。

そういう思いから、休学を決め、私は1年間、海外で英語を学んできます。

みなさん、これは、私の最終号です。短い間でしたが、応援してくださって本当にありがとうございました。また、どこかでお会いできる日を楽しみにしています。

2000.12.09
野原かりん

スポンサード リンク

デジタルたまごや