鹿山由緒の“なんちゃって”講座

人生の達人(?)、鹿山由緒(かやまよしお)がお送りする、なんちゃって講座です。日常の出来事や、憧れの職業への道などを、その意義からノウハウまでわかりやすく丁寧に解説。もちろん、お代は一切頂きませんぜ。

鹿山由緒

発行部数

鹿山由緒自己紹介

あなたもライターになれる

 

“なんちゃって”講座

5 セクシー講座〜初級編〜
4 悩み相談“裏”講座
3 悩み相談講座〜上級編〜

2

悩み相談講座〜中級編〜

1

悩み相談講座〜初級編〜

0

(プレ)頑固オヤジ講座〜初級編〜

[03]なんちゃって悩み相談講座 〜上級編〜


今人類は何を悩んでいるのか

 環境汚染・不況・政治家の汚職・・日々、様々な出来事が起こっている。今社会は文字通り閉塞感に包まれている。

 が、そんなことをあなたに相談したところで、何もならないことは明白である。

 それならば人は何を悩むのか。また、悩む人とはどのような人なのだろうか。それは以下のように分類できるだろう。



○「自分不信」タイプ

***「彼に嫌われてるかも」

 これらの言葉に代表される相談者は、「自分に自信が無くて実行が出来ないタイプ」である。すなわち、「何かをやりたいけれど、困難があって実行を迷っている」タイプだ。



○「周囲不信」タイプ

***「あいつが許せなくて」「彼が振り向いてくれない」

 このタイプは、自分は悪くないが他人(仕事・環境)が悪い、もしくは理解してくれないと思っている場合が多い。



○「自分も他人も不信タイプ」

***「仕事があわない気がする」

 これが、一番相談者の中で多いのではないだろうか?この場合、一見「仕事が合わない」という事実だけを述べているように見えるが、そうではない。

 本当に仕事を一生懸命やっていて、「合わない」と感じるならば、即座に辞めて次に移ればいいことである。

 また、仕事が楽しい場合、普通それは「自分の方法論が、他人から評価されたとき」だと言える。それが楽しくない、合わないと言うのは彼の方法論が評価されない環境にいるということを暗示している。

 つまり、彼(女)は業績が上がらないなどの壁にぶつかっており、それを仕事のせいにしている。もしくは、次に移る自信がないために、嫌な現状に甘んじている、のどちらかだと推測できる。

 しかし、どちらにしても(相手・新環境にも、自分にも)「自信が持てない」ということが言えるだろう。



悩みを解決するとは

 結局、このように分類してみると「悩む人」というのは「自分・相手・環境のいずれかに不信感を抱いている人」という風に言い換えることが出来るだろう。

 そんな彼(女)らに与えるべき適切な回答とは、彼(女)のいる環境と、心情を理解し、肯定してから、実行する自信・勇気と、方法論を与えることである。

 そして、最終的には自分も他人も信頼できる人間に育っていってもらうことが一番である。そんな相手の成長プロセスを考えること自体、人材育成という観点からも、あなた自身の成長ににとっても大きな糧になることは間違いない。

***

 しかし、中級編でも述べたが、一見悩みのように見えて、悩みではない場合も多い。

 以下、簡単に「偽悩み相談」を挙げておく。

○ とことん愚痴タイプ・・・・・・・・・人の話に耳を貸せよ
○ 実は自慢だったタイプ・・・・・・腹が立っても殴らないように
○ 実は「のろけ」だったタイプ・・・恋愛相談にありがち
○ 罪の告白タイプ・・・・・・・・・・・・まず警察へ

 これらに引っかからずに、悩み相談ライフを満喫して欲しい。


2002.04.10

 
鹿山由緒

スポンサード リンク

鹿山由緒の“なんちゃって”講座


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.03.08
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ