サクラジロウことだま放浪記

全ての答えはことわざの中のある。真理は名言のなかにある。長い時代を生き抜いた言葉には何か不思議な力があるのです。1つのことわざに1つのエピソード。不思議主人公サクラジロウが織りなす言霊の真実。

サクラジロウ

発行部数

サクラジロウ自己紹介

あなたもライターになれる

 

サクラジロウ
ことだま放浪記

19 終わりを始めに慎む
18 良い内から養生
17 不幸は決して単独ではこない
16 灯台下暗し
15 人は見かけによらぬもの
14 恋は思案の外
13 人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し
12 盆を戴きて天を望む
11 年寄りの言う事と牛の鞦(しりがい)は外れない
10 上戸は毒を知らず 下戸は薬を知らず
9 すずめ百まで踊り忘れず
8 禍福はあざなえる縄のごとし(後編)
7 禍福はあざなえる縄のごとし(前編)
6 年々歳々花相似たり 歳々年々人同じからず
5 人間万事、塞翁が馬
4 春眠 暁を覚えず
3 焼け野のキギス夜の鶴

2

虎口を逃れて、竜穴に入る

1

袖すり合うも他生の縁

0

己の欲せざる所は、人に施すことなかれ

第0回

己の欲せざる所は、人に施すことなかれ


これから話す物語は、とても寒い日に人知れず起こった静かな物語です。
 
 その日は今冬一番の冷え込みで、サクラジロウはまるで登山にでも行くような格好で街中をねり歩いていました。
 
 本当に寒い日でした。本当に・・・
 
 小腹がすいてきたのでラーメンでも食べようと考えたその刹那、前から一人のロシア人が歩いてきました。
そのロシア人はGパンに半袖Tシャツ一枚という格好でした。
Tシャツ一枚・・・
 
 その日は本当に寒い日でした。本当に・・・
 
 サクラジロウはウズウズしていました。
もう小腹がすいていたなどとは、言ってられません。
この機会を逃したら、このロシア人とはもう会えない・・・
その前に、思いのたけをぶつけてみたい・・・
 
 「その時は自然に足が動いたんだ・・・」と後にサクラジロウは語っています。
 
 気が付くとサクラジロウは、そのロシア人の前に立っていました。
 そして、静かに切り出しました。
 「Tシャツ一枚で、寒くはないのですか?風邪などひかないのですか?」と
 
 最初 怪訝な顔をしていたロシア人でしたが、こう答えてくれました。
『サムクハナイ・・ソレニ、ワタシノ、タイチョウハ、キミニハ、カンケーナイネ』
 
 その通りだ・・・ もしサクラジロウが道で、見知らぬ人に
「坊主で寒くないんですか(サクラジロウは丸坊主にしています)? 風邪なぞひかないのですか?」
と聞かれたら、このロシア人と同じように答えるだろう。
答えるが本当は、坊主は寒いし、風邪もひいている。
 
 でも、見知らぬ人に本当の事は言わないだろう。
 私はそう思い、そのロシア人に「ダー」(ロシア語でYESの意)と言って 別れを告げた。
 人混みに吸い込まれていく、Tシャツ一枚のタクマシイ ロシア人の背はまるで
『人間はやろうと思えば何でも出来るのだよ。どう生きてもイイんだよ』
と静かに語っているようでした。
  
教訓―『己の欲せざる所は、人に施すことなかれ』
(自分が他人にして欲しくないことは、他人に対してもしないでおきましょう) 

2002.03.01

サクラジロウ


スポンサード リンク

サクラジロウことだま放浪記


 

たまごや

オススメ読み物系

チョコレートカクテル

かっとびモデルの私生活

読むドラマ

現代メロンパン考

すーぱー添乗員がゆく

雑文の女王

オススメお役立ち系

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.03.01
訪問者数:
更新:2013.06.06
デジタルたまごやトップ