♪第6曲目グリーグ

秘密の魔法の音楽

クラシックや題名の分からない、でもどこかで聴いたことのあるような気がするオススメの名曲を、恭子が気ままにコメントを付けて紹介します。一服の清涼剤的ミュージックエッセイはいかがかしら?

中島恭子

秘密の魔法の音楽

マガジン発行履歴
あなたもライターになれる

09 8曲目チャイコフスキー
08 7曲目メンデルスゾーン
07 6曲目グリーグ
06 5曲目J.S バッハ
05 ワーグナー・カラヤン インターミッション
04 4曲目ラフマニノフ
03 3曲目J.S.バッハ
02 2曲目ヴィヴァルディ
01 1曲目ベートーベン

グリーグ
Edvard Grieg

ピアノ協奏曲 イ短調
Piano Concerto in A minor,Op.16

クラウディオ・アラウ(ピアノ)
Claudio Arrau

ボストン交響楽団
Boston Symphony Orchestra

コリン・デイヴィス
Colin Davis


録音1980 PHILIPS

 こんにちは、中島恭子です。20世紀も押し迫って参りました。みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

 今回の秘密の魔法の音楽は、ノルウェーの作曲家グリーグのピアノ協奏曲です。

 冷たく冴え冴えとしていながらも、愛情と優しさのあふれる、爽やかなこの曲は、今の季節にぴったりではないでしょうか。

 恭子は北欧を旅したことはないのですが、このグリーグの協奏曲を聴いていると、その風景が眼に浮かんできます。

 冬の凍てつく寒さのなか、大地を覆う雪のどこまでも広がる景色。昇り初めた太陽は、雪を暁色に染めて、大気を輝かせ、樹々のまとう氷の結晶を、ダイヤモンドに変えます。

 鳥たちの透きとおった歌声。深い川の流れは濃緑色をたたえて氷の下をめぐり、風は七色のプリズムをちらしながら私たちの頬を薔薇色に変えていきます。

 誕生日、クリスマス、大晦日、の夜。特別で神聖な夜になぜか敬虔な想いがわいてくるように、この曲を聴くと、何かに祈りたいような気持ちになるのです。

 そして、気持ちのふさぐとき、この曲の美しさにふれると、深い愛情に触れたかのごとく心は晴れ渡り、思わず微笑み思いがけない喜びが生まれてくるのです。

 自然の美しさと、優しさと愛情がこのピアノ協奏曲にはあふれるばかりにつまっています。

 冬の夜に静かに聴いてみてはいかがでしょう。

クラウディオ・アラウ クラシック・アーカイヴ・シリーズ 3  合計2858円(税別)以上送料サービ...
★クラウディオ・アラウを楽天で探す★
 

2000.12.08

中島恭子

スポンサード リンク

秘密の魔法の音楽


 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

こういう仕草は女らしい

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情2

老人ホームの裏事情

国際化

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援・販路ドットビズ

オトコとオンナ

チョコレートカクテル

不倫のススメ

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2000.10.27
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ