♪第7曲目メンデルスゾーン

秘密の魔法の音楽

クラシックや題名の分からない、でもどこかで聴いたことのあるような気がするオススメの名曲を、恭子が気ままにコメントを付けて紹介します。一服の清涼剤的ミュージックエッセイはいかがかしら?

中島恭子

秘密の魔法の音楽

マガジン発行履歴
あなたもライターになれる

09 8曲目チャイコフスキー
08 7曲目メンデルスゾーン
07 6曲目グリーグ
06 5曲目J.S バッハ
05 ワーグナー・カラヤン インターミッション
04 4曲目ラフマニノフ
03 3曲目J.S.バッハ
02 2曲目ヴィヴァルディ
01 1曲目ベートーベン

メンデルスゾーン
Mendelssohn

ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64
Violin Concerto in E minor, Op,64

ヤッシャ・ハイフェッツ
Jascha Heifetz 

ボストン交響楽団
Boston Symphony Orchestra 

シャルル・ミュンシュ
Charles Munch

1959録音・RCA

 こんにちは。中島恭子です。みなさんいかがお過ごしでしょうか。

 今週の秘密の魔法の音楽は、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲です。華やかで力強い雰囲気と親しみやすいメロディーで、三大ヴァイオリン協奏曲のひとつになっている、人気のある曲です。多くのヴァイオリニストが録音してますが、その中で往年の巨匠ハイフェッツの演奏を今回は紹介します。

 このメンデルスゾーンの協奏曲は、とにかく明るく華やかで楽しい気持ちにさせてくれる音楽です。クラシックに馴染みのない方にすすめる一曲にもいいと思います。

 ハイフェッツは今世紀初頭にロシアに生まれたヴァイオリニスト、名、天才、巨匠、マエストロ、と冠をつけて呼ばれていますが、演奏を聴けばなるほどとうなずける、その名にふさわしい演奏家です。半世紀前の録音で、音質も悪いにも関わらず、演奏は色あせることなく生命を保ち、巨匠の貫禄を今に伝えています。

ハイフェッツの演奏はおもにクールですが、しかし変幻自在なクールさなのです。

 曲をまったく突き放して弾いているかと思えば、次の瞬間には音楽そのものになりきってるかのように聴こえてくる。それがいつも決まった場所ではなく次に聴けば先とはまったく逆のように思える。てらいも、違和感もなく、自然で品があり、暖かみもあり、そしてクール。

 テンポも素晴らしい。メンデルスゾーンの協奏曲は一点の弛みもなく、絶妙なテンポで聴いている方も緊張し、巧みな弦さばきに思わず微笑んでしまう、巨匠の余裕が味わえるのもハイフェッツならではです。

 メンデルスゾーンの華やかさとハイフェッツの名演を聴くのにはぴったりのCDおすすめです。

ヤッシャ・ハイフェッツの芸術
★ヤッシャ・ハイフェッツを楽天で探す★

2000.12.15

中島恭子

スポンサード リンク

秘密の魔法の音楽


 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

こういう仕草は女らしい

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情2

老人ホームの裏事情

国際化

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援・販路ドットビズ

オトコとオンナ

チョコレートカクテル

不倫のススメ

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2000.10.27
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ