週末ロリィタの掟 by 宮木亜矢子

週末ロリィタの掟

ロリィタとは何か?ロリータとどう違うのか?ロリコン、ロリィタを正しく理解する為のマガジンです。

キーワード:スタンリーキューブリック,美学,幼女,女性,ウラジーミルナボコフ,ファッション,ロリータ,ロリコン

新着コラム

12 ロリィタとお友達
11 ロリィタファッションをするために 〜心構え編〜
10 ロリィタファッションをするために 〜実践編〜
9 ロリィタにおける異端、メイド
8 ロリィタファッションその弐
7 ロリィタファッションその1
6 ロリィタの皆様へ
5 ロリィタの社会的容認
4 ロリィタと男性
3 ロリィタとトラウマ
2 語源
1 はじめに

発行部数
あなたもライターになれる
 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情2

老人ホームの裏事情

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援

オトコとオンナ

チョコレートカクテル

不倫のススメPart2

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.10.12
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ

第10回

ロリィタファッションをするために〜実践編〜


ごきげんよう、宮木亜矢子です。バレンタインデーは如何でしたか?大好きな殿方にチョコレートは差し上げられましたか?

たまごやさんHPの自己紹介にもございますように、わたくしは一回結婚して離婚をしております。元配偶者はそれはそれはファッションに五月蝿い男性でした。わたくしの着る服にも全て注文をつけ、一緒に出掛ける時は強制的にギャル服もしくはコンサバ服を着させられておりました。少しでもロリィタな要素の入った服は、彼の前では見せることができませんでした。

ロリィタファッションは、(一部の信者を除いて)男性受けしません。そして同じように(一部のお姫様系母親と王子系父親を除いて)親受けもしません。保守的な地域にお住まいのお嬢さんは、それを身を持って体験していらっしゃると存じます。

質実剛健で保守的な親から生まれたわたくしがロリィタを始めたのは、ある程度自分で働けるようになってからでした。自分の稼いだお金で好きな服を買うのだったら、それは当然の権利であり文句を言われる筋合いはありません。わたくしの場合は、ベティーズブルーから入りました。このブランドをロリィタという括りにして良いのか判りませんが、それまで着ていた普通の服と比べると、デザインが突飛なのは目に明らかです。昔のベティーズブルーは今のラインと比べると、別珍素材などエレガントなものも扱っていて、入門編にふさわしいブランドでした。

最初は驚いていたわたくしの親も次第に目が慣らされてきて、それ以降、MILK、Emily Temple Cute、Victorian Maiden、Juliette et justine、と段階を踏んで現在に至ります。

ロリィタファッションに理解を示してくれない親御様をお持ちで、更にご自分でお洋服を買えるほどの稼ぎのないお嬢さんは、まず少しずつ慣らすことから始めてみては如何でしょうか。いきなりAngelic Prettyのワンピースなんか着て見せたら、そりゃあもう親だってたまげるでしょう。しかし、Olive des Olive のような一般ブランドでも、微妙にロリィタテイストのものは扱っているので、お母様もしくはお父様と一緒にお買い物に行った際に、そういう商品をねだってみてください。周りのお洋服が普通なので、何の抵抗もなく買ってもらえる筈です。それから徐々にじわじわと洗脳していってください。親という人種が気にしがちなご近所の人たちも含めて、人間は慣れる生物です。一、二年も経てば、ヘッドドレスにもボンネットにも、何も言わなくなるでしょう。

彼氏がロリィタに理解がない、という場合、これはもう諦めるしかないような気がいたします。ロリィタ服がどうしても好きになれない男の人と付き合う場合、彼と一緒に歩く時だけはロリィタ服を諦めてください。一瞬たりともロリィタ服を諦められない場合は、男の人を説得してみて、それでもダメならその男の子を諦めてください。ただし、長い目で見てくださいね。

わたくしの場合、現在の彼氏と一緒に歩く時は、ロリィタ服を着ていませんでした。嫌がられるからです。しかし家には毎月のように通販で購入した服が届きますので、いそいそと試着して、他の小物などとコーディネイトして無理やり彼に見せます(一緒に住んでいます)。これはある意味無言の説得で、最初のうちは「うわっ・・・」という顔しか見せなかった彼が、先日購入した Juliette et Justine の「アムーブルマンドアンテリュールローブ」というワンピースについては、「今までの中で一番普通」と評価しました。光沢のあるシャンタン地に、スカート部分はビクトリア調のプリントが施されており、後ろはグログランのリボンで盛大に編み上げられています。これを普通と言うのならば、彼は順調に洗脳されていってます。ロリィタで一緒に歩ける日も遠くはないでしょう。

心構えはできましたか?次回はロリィタファッションを始めるにあたって、わたくしが個人的に「これだけは守ってね」と思うことを綴る予定です。ごきげんよう。

2003.02.24
宮木亜矢子

スポンサード リンク