ノストラダムスのツボ

整体マニアックスpart1

整体師--この言葉にキミは何を思うだろうか。 至福のヒトトキ。指の魔術師。でもね、そんなのはほんの一部。世の中には随分キケンな整体院もいっぱいあるのです。癒しを求めるアナタに、整体マニア月城みづしが送る、今世紀最初のとれたて悦楽・悶絶整体情報誌。読まずに行くとゴリラーキックをかっくらうかもよ。

月城みづしの整体コラム

整体マニアックス3へnw10_3.gif (898 バイト)
44 酢の魔術
43 リフレクソロジーサロン シーズ
42 ミネラル麦茶と松島トモ子
41 時間と頻度の選び方
40 ノストラダムスのツボ
39 クイックマッサージ猫の手
38 「O2 Factory」
37 尻差別
36 「foot rest」赤坂店
35 メディカルエステ成美
34 殺人花粉
33 貧乏トレーニング
32 花粉騒動
31 肩こり・腰痛施療院オアシス2
30 整体男道
29 豆腐入り!?あんかけ湯
28 恵比寿第一治療院
27 揉み返し
26 緑・緑・緑
25 水攻め
24 こむら返り
23 伸びます、伸びます
22 やってみよう! ペットマッサージ
21 肉体年齢......
20 指の間に見つけた愛
19 歯医者と整体の微妙な関係
18 エコノミークラス症候群
17 ビバ・指圧!
16 高いか安いか
15 魅惑の謎マクラ
14 魅力的な流し目のために
13 美女のうなじのサロンパス
12 リフレクソロジー・スピロ
11 台湾マッサージ「悦来」
10 癒しま専家
9 人間性能の罠
8 パテロンは天界の治療霊団
7 愛和元気サロン
6 年寄りだらけの出張マッサージ
5 殺意の波動「リラクサージュ」
4 ところで整体ってナニ?
3 たまにいくならこんな店
2 浪越RCC
1 タントン
0 空前の癒しブーム

創刊:2001.07.10

総訪問者数:

最終更新日:2008.11.20

ノストラダムスのツボ

ハロリン、みづしです。GW、ミナサマいかがお過ごしでせうか。

月城は、相変わらず腱鞘炎が痛いです。もうおかしいです。この手(-_-)。そこで、今週は各部のつらい痛みを軽減する簡単なセルフケア「ツボ押し」をグローヴァルに特集してみようと思います。

グローバルじゃありません。グローヴァルです(?)。

ビバ・健康!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼TOPIC
 ┏━┓───────────────────────────────
 ┃1┃月城、○○ぶりに部屋を整理する。
 ┣━┫───────────────────────────────
 ┃2┃発見!何だこりゃ。 〜イタリア民間アロマ〜
 ┣━┫───────────────────────────────
 ┃3┃そこで提唱 "ノストラハーブツボ押し" (?)
 ┗━┛───────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━┓
┃1┃月城、○○ぶりに部屋を整理する。
┗━┛


胴の部分を握って、ブサイクなイルカの口先、尾びれのでっぱりで患部を指圧するツボグッズ。あれを捜索していたら、部屋で妙なモノを見つけました。 先日イタリアに旅行した際の、「整マニ」用取材メモです。

ええ、2,3ヶ月ぶりですかね、見つかったの……。

米国などでは、もはや当たり前のように、東洋医学が医療に取り入れられ始めていますが(指圧やクイックマッサージの他にも、ニューヨーク市立リンカーン病院など、全米70カ所以上の著名な病院で、エイズ治療に東洋医学の「鍼」が取り入れられています)、この波はイタリアにも確実に来ているようでした。

まあ、それはさておき、今回紹介するのはローマ市街を少し外れたタバッキー(タバコの他、バスや電車のチケットを売っています)で、店番のおばあちゃんに教えて貰った、イタリアに古くから伝わる「ハーブのツボ押し」療法です。

そもそもみづしがこのタバッキーを尋ねたのは、趣味で収集しているタロット(占い用のカード)の、15世紀初頭に成立した一品をここの店主(ばーちゃんの息子さん)が秘蔵しているという話を、フィレンツェで仕入れたからでした。

外出している店長の帰りを待つ間、どちらからともなく足腰をさすり出し、すぐに同じ痛みに悩めるモノとわかって、教えて貰えたんですが、心中けっこう複雑でした。


┏━┓
┃2┃発見!何だこりゃ。 〜イタリア民間アロマ〜
┗━┛


初めに教えて貰ったのは、いわゆるアロマテラピーの手法でした。これは、「精油」と呼ばれる、まぁハーブのオイルを使ってマッサージをする施術なんですが、精油自体の価格が、目玉が飛び出るほど高いので、日本では当然施術料も高く付きがちです。

イタリアでも、観光客向けに高額の高級ハーブや精油は売られていますが、現地の人で、それを使っている方は多くないようで(グッチもエルメスも現地の人は持ってないですよ)、ヴァージンオイルに自家製なり、買ってきたハーブを漬け込んだものを使用する方が、今でもスタンダードなのだそうです。(これは、むろん食用にも出来ます。ローズマリーの枝をオイルに漬けておいて、肉を焼くとき使ったりすると、臭みが取れていいですよ)。

ただ、日本で販売されている「ヴァージンオイル」は、割と匂いの強いモノが多いので、個人的にはアロマオイルの代用にはちと不向きな気もしました。その辺の事情を話したとき、教えてくれたのが、以下のツボ押し法でした。


┏━┓
┃3┃そこで提唱 "ノストラハーブツボ押し" (?)
┗━┛


やり方は、ハーブや木の実の種を、3粒ほどダイレクトに患部(触って痛いところor気持ちいいところ)に貼る、ただそれだけです。

かなりワイルド。でも、絆創膏などで貼り付ければ目立ちませんし、匂いがあるので湿布の使用は避けたい職業の方など、重宝するのではと思います。ちなみに月城は、湿布の下に貼ってしまっていますが(^-^;)。

このイタリア式のツボ押し。手軽だし、匂いも良いので個人的には大いに推奨したいところなのですが、何せ医学的な裏付けがありません。

色々調べましたが、逆に「人の身体は息を吸っているとき硬直し、吐くときに緩む。この筋肉の動きに逆らって圧力を加え続けると逆効果」という説が出てくる始末です。ただ、医学博士の内池正弘氏(TV「おもいっきりテレビ」や、「あるある大辞典」などで有名な方だそう)は、ツボからハーブを取り入れる方法の一つとして、この手法に肯定的な意見をお持ちのようです(一安心)。

もっとも、南イタリアでは古来脈々と受け継がれていた療法のようですから、やったら死んでまう、といった危険はないのでしようが、ものがハーブですので、注意点はあります。

まず、綺麗な花の種は有毒の可能性があるので避けて下さい。ちなみに月城がおばーちゃんに貼ってもらったのは、ラディッシュか何かの小さな丸い種でした。(ゴマみたいな大きさです……ゴマでもいいのかも)

後は、アロマテラピー全般の注意と同じで、高血圧の方が避けるべきハーブだの何だのにはご用心ください。(文末にちょっとした一覧を付けておきました。ハーブに詳しくないと言う方はご参照下さい)

さて、最後になりますが、皆さんは、かの有名な占星術師ノストラダムスが、ハーブの達人でもあったことをご存じでしょうか。

伝説によれば、彼は未来を読むことの他に、ベンゾイン(安息香)の成分を用いて、ペストの画期的な治療をしたそうですし、事実彼には化粧品や香料についての著書もあります。(そう言えばシェークスピアもやたら薬草に詳しいですよね。医者もやってたんですっけ? あ、記憶が……)

このノストラダムス、各星座にパワーを与えるハーブを、以下のように定義していました。何を根拠にこう決めたのかは、本人と交信でもして聞いて頂きたいんですが(聞けたら教えてください)、サロンでの精油選びの際や、ハーブティーを飲むとき、参考にされたり話題にするのも一興ではと思うので、書いておきますね。


・牡羊座……ローズマリー、タイム、レモン、ベルガモット
・牡牛座……ゼラニウム、カモマイル、イランイラン
・双子座……ミルラ、タイム
・蟹座……カモマイル、クラリセージ、ネロリ
・獅子座……ジュニパー、ジャスミン
・乙女座……ローズウッド、クラリセージ、パチュリー
・天秤座……ゼラニウム、ラベンダー、ローズ
・蠍座……クラリセージ、ブラックペッパー、ユーカリ、メリッサ
・射手座……オレンジ、ラベンダー、ミルラ
・山羊座……サイプレス、サンダルウッド、ベチバー、フランキンセンス
・水瓶座……パルマローザ、レモン、パチュリー
・魚座……ミルラ、フランキンセンス

ふぅ。ちなみに、みづしは水瓶座なので、普通にレモンティーですね(^。^)。


■おまけ■ 〜使用時、注意すべきハーブ〜

以下に挙げたのは、一般的なハーブの注意点です。手元の蔵書、ネットのニュースの他、行きつけのサロンで助言を仰ぎましたが、最終的な判断は自己責任でなさって下さいまし。 
・生理の重い方は避けるべき……セージ類と、ミルラ、ローズマリー等。
 
・妊娠初期から安定期までは避けるべき……ラベンダー、カモマイル、メリッサ、イランイラン等。(基本的に、妊娠中は全てのハーブは避けるべき)

・母乳を与えているお母さんはダメ……フェネグリーク、コンフリー。
この二つのハーブは「幼児に健康障害を与える」と、ニューヨークのロチェスター大学、ルース・A・ローレンス博士が正式に発表しています。「コンフリー」に至っては、幼児の肝静脈閉塞病と関連があるとして、カナダなどでは全面的に使用が禁止されています。くれぐれもご注意を。

・敏感肌や、アレルギー体質の方は避けるべき……柑橘系全般と、タイム、シナモン、ジャスミン、バジル、イランイラン等。

・喘息の方は避けるべき……カンファー。

・高血圧の方は避けるべき……セージ、タイム、ヒソップ、ローズマリー等。

・てんかんの方は避けるべき……「〜ウッド」と呼ばれるもの全般と、フェンネル、ローズマリー、ヒソップ、セージ、カンファー、テレビン等。

・ガンの治療中の方は避けるべき……シダーウッド、シナモン、ジュニパー、ネロリ、フェンネル、ユーカリプタス、ラベンダー、レモン、セージ等。


【注】弊誌は個人的な体験談・見聞を公開している程度のお気楽マガジンであり、施術の効果には当然、個人差があります。各人の責任においてご活用下さい。また、関係各位は本気になって怒らないで下さい。ごめんなさい。

お寄せ下さいましたご意見や情報は、弊紙「整体マニアックス」誌上でご紹介させていただく場合があります。匿名希望や掲載を望まれない場合は、その旨明記してお送り下さいませ。ご協力、よろしくお願い致します。 月城みづし

2002.05.08

月城みづし

スポンサード リンク

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

 

 

カテゴリ

整体マニアックスPart1
整体マニアックスPart2
整体マニアックスPart3nw10_3.gif (898 バイト)
 

メルマガ購読

Mag2 Logo最新コンテンツはメールマガジンでお届けします。今お使いのメールアドレスを入力し購読ボタンを押すだけで手続きは完了。あとはマガジンが届くのを待つだけ!
メールアドレスを入力(半角)


メルマガ発行履歴
 

Web tamagoya.ne.jp
 

オススメ

週刊マナー美人

バストアップナビゲーター

女性のためのクルマ読本

知って得する労働法

常識ぽてち

ファミレス様、覚悟せよ!

お店で買うにはちと恥ずかしい

小口輸入支援「販路ドットビズ」


ライター募集

お問合せ

  デジタルたまごや