嫌い!キライ!- 大谷めぐる-

あれも嫌い、これも嫌い。でもなんで嫌いなものってあるんだろう?嫌いなものを深くそして愛をもって観察し、嫌いの哲学を語る「キライナモノライター大谷めぐる」のスーパーエッセイ。

大谷めぐる

発行部数

あなたもライターになれる

 

嫌い!キライ!

20 改まったご挨拶
19 肩凝り
18 態度の悪い店員&客
17 悪ケータイ族
16 掃除
15 虐待
14 ロマンチック
13 ダイレクトメール
12 争いごと
11 後悔
10 .
9 大学イモ
8 高いところ
7 一部の実年層
6 歯医者
5 オバケ
4 キツイ香水
3 マニュアル

2

眠れない夜

1

虫全般

第4回

Today's Special:キツイ香水

理由:あれは殺人でしょう。間違いなく。


道ばたで見知らぬ人とすれ違ったときにほのかに香るいい匂いはなんとも良い印象を与える。思わず今の人はどんな人だったのかと男女問わず振り返ってしまいたい衝動に駆られたりもする。ちょっと変態っぽい(^^;?

例えばレストランなどで隣のテーブルの人が3メートル離れても香る程の香水をつけて席にいるとする。するとあたしの状態は最初は鼻の中がそのニオイで一杯になりそのうち頭の中にまで満たされて終いには食べるモノまでが香水になってしまう。

香水をつける事に異論は無い。むしろお洒落バンザイってな感じだ。しかし、何にでも限度ってものがある。どこかからあたしを消すために派遣された刺客か?と 疑うほど香水のキツイ人からは殺意を感じる。

人と触れ合う以上 エチケットを守るのは大前提。それが香水であろうと自分のニオイであろうとも自分以外の人を不快にするのは言語道断。例えすごく良い香りでも控えめの方が他の人には好印象に映る気がする。キツイ香水で自分の存在価値を植え付けなくても見てくれている人はちゃんと見てくれているだろうからね。

2001.06.14
 
大谷めぐる

スポンサード リンク

リンクボタン


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.05.15
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ