嫌い!キライ!- 大谷めぐる-

あれも嫌い、これも嫌い。でもなんで嫌いなものってあるんだろう?嫌いなものを深くそして愛をもって観察し、嫌いの哲学を語る「キライナモノライター大谷めぐる」のスーパーエッセイ。

大谷めぐる

発行部数

あなたもライターになれる

 

嫌い!キライ!

20 改まったご挨拶
19 肩凝り
18 態度の悪い店員&客
17 悪ケータイ族
16 掃除
15 虐待
14 ロマンチック
13 ダイレクトメール
12 争いごと
11 後悔
10 .
9 大学イモ
8 高いところ
7 一部の実年層
6 歯医者
5 オバケ
4 キツイ香水
3 マニュアル

2

眠れない夜

1

虫全般

第5回

Today's Special:オバケ

理由:問答無用で怖いです。


暖かくなってくると共に現れる・・・それは テレビの心霊特集番組。たまに UFO特集と謳っていてもオバケコーナーが設けられていたりして油断ならない。あたしはお化けが怖いのだ。

幸いあたしにも周りの友達にも霊感が備わっている人は少ないので実際に見たり聞いたりしたことはあまりない。だが、それがかえって怖さを煽り立てている気がする。見えない分、恐怖も手伝って想像力でかなり補われている。

うかつに心霊体験談に触れてしまったときは布団に入って眠るまでの間自分の五感との戦いを強いられる。静まりかえる部屋に耳をそばだててみたり部屋の隅を凝視してみたり。朝になるとなんとムダなことをしていたのかと睡眠時間を削った事に後悔する。

今まで書いてきた嫌いなモノは自分で避けようと思えば対策が立てられる。しかしオバケに至っては全くどうして良いのか判らない。オバケ避けにお経を唱えたりすると良いのか?でもオバケの事を考えると彼らは嬉しくなって近寄ってくると聞いたことがある。考えないように考えないようにと考えてしまっている。お手上げ状態だ。

なるべく遭遇する確率を下げるためにそういった噂のある場所には近づかないことにしている。冷やかし半分で知人が「行ってみようよ〜」などとぬかした時は全力で涙ながらに訴える。今のところ成功率は8割程度。遭わないための努力も必要なのだ。

20歳までに一度もオバケに遭遇しなかった人はその後は一生お会いすることはないらしい。それを聞いて一安心だがやはり油断は禁物。居るのか居ないのかすらわからないものと日々戦うあたしは 他から見ると変かもしれないが自分を守るためなので仕方がない・・・と思うしかない。

2001.06.21
 
大谷めぐる

スポンサード リンク

リンクボタン


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.05.15
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ