嫌い!キライ!- 大谷めぐる-

あれも嫌い、これも嫌い。でもなんで嫌いなものってあるんだろう?嫌いなものを深くそして愛をもって観察し、嫌いの哲学を語る「キライナモノライター大谷めぐる」のスーパーエッセイ。

大谷めぐる

発行部数

あなたもライターになれる

 

嫌い!キライ!

20 改まったご挨拶
19 肩凝り
18 態度の悪い店員&客
17 悪ケータイ族
16 掃除
15 虐待
14 ロマンチック
13 ダイレクトメール
12 争いごと
11 後悔
10 .
9 大学イモ
8 高いところ
7 一部の実年層
6 歯医者
5 オバケ
4 キツイ香水
3 マニュアル

2

眠れない夜

1

虫全般

第13回

Today's Special:ダイレクトメール

理由:ウザい!!!


「突然のメール失礼いたします。」インターネットの普及に伴ってこんな文章で始まるメールが毎日のように届くようになった。ほとんどが怪しげなマルチ商法まがいのお誘いである。どこで調べたのか「Hi,Meguru」と名前まで入った英文メールが届いたりもする。腹が立つ事この上ない。

最近の旬な話題ではケータイのメール。出会い系(系ってなんだろう?)サイトからのスパムが問題になっている。こうやって無差別にメールをばらまくことによって数人でも網にかかれば万々歳なのだろう。あたしのケータイには過去2回のみ、そんなメールが到着した。だが、多くの人は無駄にパケット代を払っているに違いない。ケータイの会社にも依るけどね。

そもそもダイレクトメールとは打てば響きそうな顧客に送るものではないのだろうか?例えばクレジットカードの明細に同封されているチラシやピザのメニュー表など。郵便物が良いとは言わないがこちらの方が手間がかかっている分偉そうになんとなく見てやろうかという気になる。

ダイレクトメールと言うからには客の注意を引くように、それなりに工夫がされていて然りだろう。ラクをして客を獲得しようなんてそんなムシの良い話はない。例えばインターネットメールのダイレクトメールを100回受信してその履歴を送り返すとプレゼントが貰えるだとか100通のメールをプリントアウトして合わせると一つの絵になるとか。ダイレクトメールを送る方としても腹を括ってやってもらいたい。受信する方はただでさえ不愉快なのだから。

それにしてもメール経由のダイレクトメールには内容がナイ。何か有用な情報が一つでも記載されているのならば受ける方の腹立たしさも少しは軽減されるのだと思うのだが。おいしいカレーの作り方一口メモ、とかでも。とりあえず「なおみ♪」とかの女の子の差出人名と冒頭の「突然のメール失礼・・・」を止めてみると読んで貰える確率が少々UPするんじゃないだろうか。読んで貰うことが目的だったら、の話だが。

2001.08.16
 
大谷めぐる

スポンサード リンク

リンクボタン


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.05.15
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ