かっとびモデルの私生活 by REY

かっとびモデルの私生活
「モデルになってみたい」そんな思いを抱く女性は多いハズ。REYもそんな一人。甘い考えで憧れの職業にチャレンジ。しかし『こんなはずでは・・・』モデルになるまでのREYの険しく過酷な道のりと私生活。

キーワード:モデル,スカウト,公募,ファッション,オーディション,メイク,ヘアー,スタジオ

新着コラム

51 宝物(最終回)
50 最後の写真
49 若さと体型
48 オーディション結果
47 トホホなオーディション
46 雑誌掲載
45 夢と現実
44 初男性ファッション誌
43 ムービーな私
42 オーディションの嵐
41 復活
40 仕事復帰はTV出演
39 プチ静養
38 ストレス
37 食生活のツケ
36 POWER
35 今の私
34 感謝の気持ち
33 現役モデルとして
32 更新
31 新しい恋愛
30 事務所の更新日
29 初めてのミセス誌
28 引退の兆し
27 目標の実現
26 穴があったら入りたい
25 フィッティングモデル
24 様々なオーディション
23 理想の体型
22 プロフィール
21 イメージチェンジ
20 初めてのポスター
19 苦労の引越し
18 「カバーガール」
17 出会い
16 オペの日
15 入院
14 挫折の帰省
13 突然の災い
12 事務所の移籍
11 モデルの恋愛事情
10 現地へ訪問
9 going my way
8 劣等感
7 ポージング
6 「ホウレンソウ」
5 早速の吉報
4 初めの一歩
3 決心
2 早速のオーディション依頼
1 写真の不思議
0 プレリリース

REY自己紹介
発行部数
あなたもライターになれる

第34回

感謝の気持ち


例に新機種の携帯電話の発売日の2日前、宅急便にて自宅に、掲載の本書が郵送されてきた。

「更新」までの日々を、のんびり過ごしたせいか、本書の出来は、何だか少し太った、むくみ顔で掲載されていた。「目」が生きていなかった。少しガッカリしたが、出版社の方方からの文書には、

「今回は有難う御座いました。広告主さんの満足度が高い記事広告の誌面を作ることができました。今後もまた何かお願いすることがあるかもしれませんがので、その際は宜しくお願い致します」との、ご丁寧なメッセーッジを添えられてきた。

モデルの仕事から、気を抜くと、こんなにも写りかたが違うんだなぁ、と実感したものだった。が、広告主さんの満足度が得られてナンボの、この世界では、「あれで良かったのだ」と安心感が生まれた。もっと自分の気持ちも体も引き締めて頑張って行こう、と決めた。

とにかく、今回の座談会及び、撮影は成功に終わったんだと、私を使ってくださった広告主さんに、感謝の気持ちで一杯だった。

そしてまた、「私なりのお仕事」に、まっとうしようと考えた。

私だからこそ出来る仕事。それらには、十分自信を持って良いのだろうと、私なりに考える事が出来るようになったのだ。

そして、もっと幅広い仕事を受けられれる限り受けて、視野の広い人間になりたいと考えたのだ。今迄もっていた、「こだわり」ではなく、「先入観」を捨てよう、と。

今回の更新は、自分の中で納得できる選択となった。

私は、今回の雑誌を、大切に大切に感じた。もちろん、今迄もそうではあったが、1度退属しようと決めたモデルにとっては、感謝以外の何物でもない。

ただただ、感謝の気持ちで一杯なのである。

2002.07.13

REY


スポンサード リンク


 

たまごや

声優を目指す少女マキ


知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.17
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ