かっとびモデルの私生活 by REY

かっとびモデルの私生活
「モデルになってみたい」そんな思いを抱く女性は多いハズ。REYもそんな一人。甘い考えで憧れの職業にチャレンジ。しかし『こんなはずでは・・・』モデルになるまでのREYの険しく過酷な道のりと私生活。

キーワード:モデル,スカウト,公募,ファッション,オーディション,メイク,ヘアー,スタジオ

新着コラム

51 宝物(最終回)
50 最後の写真
49 若さと体型
48 オーディション結果
47 トホホなオーディション
46 雑誌掲載
45 夢と現実
44 初男性ファッション誌
43 ムービーな私
42 オーディションの嵐
41 復活
40 仕事復帰はTV出演
39 プチ静養
38 ストレス
37 食生活のツケ
36 POWER
35 今の私
34 感謝の気持ち
33 現役モデルとして
32 更新
31 新しい恋愛
30 事務所の更新日
29 初めてのミセス誌
28 引退の兆し
27 目標の実現
26 穴があったら入りたい
25 フィッティングモデル
24 様々なオーディション
23 理想の体型
22 プロフィール
21 イメージチェンジ
20 初めてのポスター
19 苦労の引越し
18 「カバーガール」
17 出会い
16 オペの日
15 入院
14 挫折の帰省
13 突然の災い
12 事務所の移籍
11 モデルの恋愛事情
10 現地へ訪問
9 going my way
8 劣等感
7 ポージング
6 「ホウレンソウ」
5 早速の吉報
4 初めの一歩
3 決心
2 早速のオーディション依頼
1 写真の不思議
0 プレリリース

REY自己紹介
発行部数
あなたもライターになれる

第49回

若さと体型


どうしたことだろう。今年は一気にオーディションの回数が激減した。

イベントは、毎年いくつも開かれているはずなのに、私にはお仕事の話しがピタリと途絶えた。

これは、非常に分かり易い話、私の需要が減ったということだ。冷静に、仕事と自分に対して自己分析してみる。

そう、私は前回のイベントのオーディションに、事務所側は賭けていたのだった。反して私は、太り年齢的にも、出場できないオーディションが増えた。

体の方は、特に食べ物に気を遣うことなく摂っていたが、数キロ減った。が、“年齢”には勝てない。最近は特に、オーディション会場に来る女の子は、眩しいばかりに輝いて見える。

そろそろ、自分のモデルとしての時期も終わりかぁ・・・と、切実に考えている。必要とされなければ、いくら本人の意思が強くてもイケナイ世界だ。

事務所では、駅前でサンプリング配りなどという仕事もある。しかし、私は果たして“モデル”と、胸張って言えるだろうかと考えると、「違う、違う」と思ってしまう。決して、サンプリング配りが悪いというのではないが、この歳で、駅前で安いギャラで立つ事はできないと思ったのだ。もっともっと若い頃ならできていたのかもしれないが・・・

こんな事が起こると、最近はお化粧をすることさえ、面倒になる。

昔の誌面の中の自分を見ることさえ辛くなる。世の中、30代でバリバリに会社を興した知り合いがいる。それよりも、20代前半で会社を興した知り合いも、沢山いる。なのに、こんな時に世の中に流されてたまるものか!と、自分自身に言い聞かせている。

モデルといえば、体1つで戦っている。私も、もっともっと脳ミソのシワを増やしたい。

しかし、20代は働いたなぁ〜と実感する。この間のお休みは、久々のプライベートで充実していた。私の中での次のターニングポイントは、30歳!

それは、自分でさえも、どうなっていくのか分からない。

2002.10.26

REY


スポンサード リンク


 

たまごや

声優を目指す少女マキ


知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.17
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ