アンティークで素敵生活 by 大泉りりこ

antq2.gif (3321 バイト)
SINCE:2001.11.03
UPDATE:2008.11.20

VISITED:

飾るだけでなく、実際に使ってこそ物は息を吹き返します。博物館学芸員資格を持つ著者が、アイテムの簡単な説明や骨董市の歩き方なども交えながら、暮らしの中でのアンティークの楽しみ方を提案します。

キーワード:生活,雑貨,小物,骨董,アンティーク,お宝,

大泉りりこの
アンティークコラム

20 御礼にかえて・・・
19 キセル
18 煙草盆
17 オマケ考
16 ミッドセンチュリーモダン
15 人形
14 続・時計
13 時計
12 ネットオークション
11 ブレッド缶
10 ミルクガラス
9 電話
8 続・骨董市の歩き方
7 骨董市の歩き方
6 掛け軸の額装
5 行李
4 かんざし
3 照明
2 南部鉄瓶でティータイム
1 帯の楽しみ方
自己紹介
発行部数
あなたもライターになれる

かんざし


以前、職場でフランス人の留学生と一緒に働く機会があったのですが、ある日、彼女が長い金髪をまとめ髪にし、日本の漆塗りの箸(!)をかんざし風にさして現れた時は、さすがパリジェンヌ、とそのセンスに脱帽しました。

私はロングヘアではないので、残念ながらかんざしを髪にさす機会はこれからも巡ってはこないでしょう。ちょっぴりさみしい気もします。かんざしをかんざしとして使うことはできそうにないけれど、リメイクして使うことはできるかも・・・。今回はそんなお話です。

骨董市を歩くと、小物を扱うお店には、キセルやくし、手鏡などと一緒にいくつかのかんざしを見つけることができます。金や銀や真鍮、錫などの地金に、多くは珊瑚、べっ甲、琥珀、紫水晶などが丸玉で飾りについています。

地金が金や銀でなければ、数千円で手に入れることができるので、この丸玉の飾りを利用して指輪やブローチなどのアクセサリーを作ることができます。

大きなデパートでは年に2回位、宝石のリフォームフェアを行っているのをご存知の方は多いはず。ここに持っていくと、好きな地金に飾り玉を組み合わせて指輪などを作ることができます。なるべくアンティーク調の枠を合わせるのが成功の秘訣。

要らない地金の買い取りもしてくれることが多いので、例えば金の地金のかんざしなら、かんざしの柄の部分の金を売り、そのお金を指輪の地金代にあてれば、かなり安くリメイクすることができます。

今パワーストーンなども流行っていますから、ルースで石だけをお持ちの方は、それを使ってもいいですね。カットと枠次第ではかなりアンティーク調のものができあがるかも。

私は骨董市でかんざしを買ったことはないのですが、祖母から譲り受けた珊瑚と琥珀のかんざしを、上記の方法で指輪にして愛用しています。フォーマルな席にはもちろん、タートルのセーターにジーンズ、といったカジュアルな服装でも意外に似合うので重宝しています。

また、着物を着る機会もあまりないので、譲り受けた紫水晶の帯留めもいつかブローチにして大切に使わせてもらおうと思っています。

本日のお話はここまで。読んでくれてありがとう。

2001.11.24

楽天で「かんざし」を探す
大泉りりこ

スポンサード リンク

デジタルたまごや