アンティークで素敵生活 by 大泉りりこ

antq2.gif (3321 バイト)
SINCE:2001.11.03
UPDATE:2008.11.20

VISITED:

飾るだけでなく、実際に使ってこそ物は息を吹き返します。博物館学芸員資格を持つ著者が、アイテムの簡単な説明や骨董市の歩き方なども交えながら、暮らしの中でのアンティークの楽しみ方を提案します。

キーワード:生活,雑貨,小物,骨董,アンティーク,お宝,

大泉りりこの
アンティークコラム

20 御礼にかえて・・・
19 キセル
18 煙草盆
17 オマケ考
16 ミッドセンチュリーモダン
15 人形
14 続・時計
13 時計
12 ネットオークション
11 ブレッド缶
10 ミルクガラス
9 電話
8 続・骨董市の歩き方
7 骨董市の歩き方
6 掛け軸の額装
5 行李
4 かんざし
3 照明
2 南部鉄瓶でティータイム
1 帯の楽しみ方
自己紹介
発行部数
あなたもライターになれる

掛け軸の額装


こんにちは。大泉 りりこです。今回は掛け軸のお話。

テレビ東京系の「なんでも鑑定団」という番組、ご存知ですか?依頼者である芸能人や一般人が、それぞれの家に眠る「お宝」を鑑定士に鑑定してもらうという内容なのですが、本人の思惑に反して残念ながらニセモノだったり、さほど期待してなかったのに、あっと驚くような高額のお値段がつくお宝があったり、毎回ドキドキしながら楽しく観ています。

番組の中でも、鑑定の依頼の多いもののひとつに掛け軸があります。

掛け軸の柄で多いものは、鶴や松、富士山と初日、などのおめでたいものから、山水画、竹に雀、牡丹、鯉など自然や小動物をモチーフにしたもの、漢詩などの文章もの、武将や美人画などの人物画、変わり種では幽霊画(!)などがあり、季節によって掛けかえるものらしいです。

骨董市やフリーマーケットで、掛け軸を扱うお店が出ていることがあります。値段は実にさまざま。一番最近見たお店では下は\2,000から上はウン十万。それ以上高いものは出店には並ばず、その道の通の方がお店でお買い求めになるそうですから、庶民の目にはなかなか眺める機会はなさそうです・・・。

ところで、このお値段ですが、誰が描いたものなのか、時代はいつなのかはもちろんのこと、肉筆なのか印刷なのかで大きく違ってきます。印刷のものは格安です。肉筆でも印刷でも、新たにお買い求めになる場合は床の間に飾り、掛け軸としての人生(?)を全うさせてあげましょう。

しかし、年代不明・作者不明の肉筆もので美しい掛け軸を、破れているからと、骨董市で値切って\800で買った時、私は考えました。きれいな部分だけ切り取り、額に入れて玄関に飾ってみようと。

あらかじめある額ではなく、あくまでも絵の大きさに額を合わせたため、額は特注しました。画材屋さんで好きなフレームを選んでガラスをはめてもらい、15×25位で料金は1万ちょっとでした。これはかなり痛い出費だったので、次回は規定の額を先に買っておこうと思っています。

その額装した掛け軸は、仲良くしていた留学生が帰国する際にあげてしまい今はありませんが、しばらく玄関に飾って雰囲気を楽しみました。

みなさんのお宅の床の間に、掛け軸は飾ってありますか?そして今飾ってある、掛け軸の由来がわかりますか?「うちの掛け軸には由来も何もない」という方、床の間に飾るのに飽きてしまった方は、額装して玄関や洋間に飾っても素敵ですよ。

ただし、一度切り取ったら元には戻りませんから、高額のものを切っちゃった・・・ということだけはないように、ご注意下さいね。

本日はここまで。読んでくれてありがとう。

2001.12.08

楽天で「掛け軸」を探す
大泉りりこ

スポンサード リンク

デジタルたまごや