アンティークで素敵生活 by 大泉りりこ

antq2.gif (3321 バイト)
SINCE:2001.11.03
UPDATE:2008.11.20

VISITED:

飾るだけでなく、実際に使ってこそ物は息を吹き返します。博物館学芸員資格を持つ著者が、アイテムの簡単な説明や骨董市の歩き方なども交えながら、暮らしの中でのアンティークの楽しみ方を提案します。

キーワード:生活,雑貨,小物,骨董,アンティーク,お宝,

大泉りりこの
アンティークコラム

20 御礼にかえて・・・
19 キセル
18 煙草盆
17 オマケ考
16 ミッドセンチュリーモダン
15 人形
14 続・時計
13 時計
12 ネットオークション
11 ブレッド缶
10 ミルクガラス
9 電話
8 続・骨董市の歩き方
7 骨董市の歩き方
6 掛け軸の額装
5 行李
4 かんざし
3 照明
2 南部鉄瓶でティータイム
1 帯の楽しみ方
自己紹介
発行部数
あなたもライターになれる

骨董市の歩き方


こんにちは。大泉 りりこです。今回は骨董市の歩き方について。

地方を問わず、骨董市って意外に行われているものです。ただなかなか情報がなくて、興味はありながらも行かれたことのない方が多いのでは?

小さな神社の境内で、毎月あるいは毎年決まった日に開催されていたり、巨大な多目的ホールで大がかりに開催されたり、形式は様々です。出店されるアンティークショップも決まっていたり、そうでなかったり。

多目的ホールで大々的に開催される場合、沿線の駅構内などにポスターが貼ってあったりしてわかりやすいのですが、それ以外は骨董を扱う雑誌や本などに掲載されていたりするので、書店でそれらの本の巻末を一読されてみることをオススメします。

でも一番早く検索するには、やはりインターネットが最適ですね。これには検索エンジンで「骨董市」を入力して探すシンプルな方法と、アンティークショップのサイトには「全国骨董市情報」がリンクされている場合が多いので、そちらをクリックして情報を得る方法の主に2種類に大別されるでしょう。

さて、お近くで行われる骨董市は見つかりましたか?ではいよいよ骨董市に出発です!

骨董市によっては、入場券が必要な場合もありますが、大抵の骨董市は入場無料ですので、お散歩がてら、ふらっと出かけてみましょう。最初の骨董市では、お小遣いは一万円以下が無難です。雰囲気にのまれて最初から高額商品に手を出すと、後が続きません。

あらかじめ探している物がある方以外は、まずはぐるっと会場をひと巡りしてみましょう。和骨董の店あり、西洋アンティークの店あり、扱っているものも、雑多な和骨董、焼き物、ビスクドールなどそれぞれに個性豊かです。どうです、見ているだけでも楽しいでしょう?

もしも心に余裕があったら、「いつの時代のどこのものなのか」などお店の人と会話してみるのもオススメです。骨董市は2日間や3日間連続して開催されることも多いですから、顔を覚えていてもらうと、最終日の終了時刻間際にまけてくれたりすることもあります。

最初は買わなくたっていいのです。自分はどんな傾向の骨董が好きなのか、まずは見極めましょう。ひとくちに「食器が好き」と言っても和の焼き物と西洋のガラスとでは全然趣が違うでしょう?

骨董市にも数回出向き、だいぶ場慣れしてきたな、と感じたらそろそろ次の段階へ進んでもいい頃です。お小遣いをちょっぴり増資して、お気に入りの一品を探しに行きましょう。その際どういう点に留意して楽しめばいいのかについては次回、ご案内します。

本日はここまで。読んでくれてありがとう。

2001.12.15

楽天で「アンティークショップ」を探す
大泉りりこ

スポンサード リンク

デジタルたまごや