アンティークで素敵生活 by 大泉りりこ

antq2.gif (3321 バイト)
SINCE:2001.11.03
UPDATE:2008.11.20

VISITED:

飾るだけでなく、実際に使ってこそ物は息を吹き返します。博物館学芸員資格を持つ著者が、アイテムの簡単な説明や骨董市の歩き方なども交えながら、暮らしの中でのアンティークの楽しみ方を提案します。

キーワード:生活,雑貨,小物,骨董,アンティーク,お宝,

大泉りりこの
アンティークコラム

20 御礼にかえて・・・
19 キセル
18 煙草盆
17 オマケ考
16 ミッドセンチュリーモダン
15 人形
14 続・時計
13 時計
12 ネットオークション
11 ブレッド缶
10 ミルクガラス
9 電話
8 続・骨董市の歩き方
7 骨董市の歩き方
6 掛け軸の額装
5 行李
4 かんざし
3 照明
2 南部鉄瓶でティータイム
1 帯の楽しみ方
自己紹介
発行部数
あなたもライターになれる

ブレッド缶


こんにちは。大泉 りりこです。今日はブレッド缶についてのお話です。

ブレッド缶、とはその名の通りパンをしまっておく缶のこと。日本の家庭では、あまりなじみがありませんね。

主食をパンとする西洋では、19世紀のはじめ頃までネズミにかじられないよう、パンを木の箱に入れて天井から吊るしていたそうです。その後、蓋つきの陶器のブレッドケースやブリキやホーローのブレッド缶が多く出回るようになりました。役割自体は日本の米びつと同じですね。

さてこれらのブレッド缶は、白、水色、赤、ペパーミントグリーン、アイボリーなど色もさまざま。手描きで花などペイントしてあるものも多々あり心がなごみます。更に形も、長方形で上に蓋がついているものもあれば、2段になっていてオーブントースターのように蓋を開けるもの、さらには下から上へ蓋をロールアップさせて開けるもの、給食の鍋のように大きなバケツ型のもの、など種類もたくさんあり、見ているだけで楽しくなってしまいます。

これをどうやって使うか、と考えるのもまた楽しいですね。ロールアップのものなら、キッチンで調味料入れとして活躍しそう。2段のものにはお気に入りのCDを収納してオーディオの側に。バケツ型の大きなものなら、キッチンで野菜や乾物を保存しておいたり、お部屋でリネン類や作りかけのクッションの道具などをざっと入れておいたり、なんにでも使いまわしができそう。

実はこの「ブレッド缶」こそ、今私が一番手に入れたい一品なのです。

アンティークとの出会いは、たとえその時代には大量生産されたものであっても、現代まで残っているのはごくわずか、という点で、「一期一会」な部分があります。人と人との出会いと同じように、物と人とも縁があって出会うものだとアンティークを集めるようになってよく思うようになりました。

ブレッド缶は長年欲しいと思い続けているのですが、どういうわけか私の好きな色、形、「これだ!」と思うものになかなか出会えないのです。

一度ネットオークションで黄色の花柄の2段になった素敵なブレッド缶を見つけて入札したのですが、残念ながら他の方に落札されてしまいました。どうやら今はまだ巡り合う運命にはきていないようです。

ブレッド缶がリサイクルショップにあることはまずないので、可能性としては、骨董市、アンティークショップ、ネットオークションあたりで入手するのが一般的だと思います。最近ではインターネットで通販をしているアンティークショップも多く見かけるようになりました。

私の元へやってくるのは一体どんなブレッド缶なのでしょう?いつの日か購入できたら、その時はまた皆さんにご報告したいと思っています。

本日はここまで。読んでくれてありがとう。

2002.01.12

楽天で「ブレッド缶」を探す
大泉りりこ

スポンサード リンク

デジタルたまごや