アンティークで素敵生活 by 大泉りりこ

antq2.gif (3321 バイト)
SINCE:2001.11.03
UPDATE:2008.11.20

VISITED:

飾るだけでなく、実際に使ってこそ物は息を吹き返します。博物館学芸員資格を持つ著者が、アイテムの簡単な説明や骨董市の歩き方なども交えながら、暮らしの中でのアンティークの楽しみ方を提案します。

キーワード:生活,雑貨,小物,骨董,アンティーク,お宝,

大泉りりこの
アンティークコラム

20 御礼にかえて・・・
19 キセル
18 煙草盆
17 オマケ考
16 ミッドセンチュリーモダン
15 人形
14 続・時計
13 時計
12 ネットオークション
11 ブレッド缶
10 ミルクガラス
9 電話
8 続・骨董市の歩き方
7 骨董市の歩き方
6 掛け軸の額装
5 行李
4 かんざし
3 照明
2 南部鉄瓶でティータイム
1 帯の楽しみ方
自己紹介
発行部数
あなたもライターになれる

続・時計


こんにちは。大泉 りりこです。先週に引き続き、時計のお話をもうひとつ。今回は壁掛け時計についてです。

家にも、教室にも、オフィスにも、図書館にも、病院にも、あらゆる場所に壁掛け時計を見ることができますね。たいていは丸か四角で直径は30センチくらいでしょうか。

でもたまに、歴史ある建造物などに「大きなのっぽの古時計」といった具合の、長方形の昔ながらのボンボン時計を見かけることがあります。最近見たのはとある病院の待合室。「昭和○年、寄贈」と金文字の記載がありました。

このボンボン時計、昔、祖母の家の廊下にありました。一時間ごとに「ボーン、ボーン」という音で時間を知らせます。若い方は目にしたことがあるかしら?重厚でしっかりして、それでいて暖かみのある外観。そして、音はとてもノスタルジックな響きなんですよ。

一軒家に住んでいる方などは、玄関や階段の踊り場などに置かれるととても雰囲気があると思うので、ディスプレイにオススメしたいと思います。

私もボンボン時計、あったら素敵だろうな、とは思うのですが現在住んでいるのがそんなに広くないマンションなので、なかなか購入する勇気がないのが現実です。

私のように「うちも置く場所がない。でも雰囲気を味わいたい。」という方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?本日はとっておきの(?)情報をひとつお教えしたいと思います。

それは、古時計が壁一面を覆う素敵な喫茶店。福島県喜多方市に旅行に行った際、駅前通りにそのお店を見つけました。既に10年程時間が経っているので、残念ながらお店の名前は忘れてしまいました。蔵を改造したような外見だったような気がします。まだ営業しているかしら・・・・。

先日、恩田陸さんの「球形の季節」という本を読んでいて、作中に出てきた喫茶店の記述から、上記のお店をふと思い出しました。喜多方近郊の方、福島に旅行される方、機会があったら訪ねてみて下さい。白壁一面にディスプレイされた古時計の数々は、壮観です。

レトロな喫茶店って、時間の流れもなんだか違って感じますよね。外の喧燥とはうってかわって、店内にはやわらかな空気が漂っています。古時計やランプシェードなど、アンティークな小物を発見するのもまた楽しみです。

みなさんもお気に入りのアンティーク喫茶がありましたら、教えて頂ければとても嬉しいです。よければメルマガでご紹介させて下さいね。

久しぶりに、あの「ボーン、ボーン」という懐かしい音がききたくなりました。

本日のお話はここまで。読んでくれてありがとう。

2002.02.02

楽天で「ボンボン時計」を探す
大泉りりこ

スポンサード リンク

デジタルたまごや