アンティークで素敵生活 by 大泉りりこ

antq2.gif (3321 バイト)
SINCE:2001.11.03
UPDATE:2008.11.20

VISITED:

飾るだけでなく、実際に使ってこそ物は息を吹き返します。博物館学芸員資格を持つ著者が、アイテムの簡単な説明や骨董市の歩き方なども交えながら、暮らしの中でのアンティークの楽しみ方を提案します。

キーワード:生活,雑貨,小物,骨董,アンティーク,お宝,

大泉りりこの
アンティークコラム

20 御礼にかえて・・・
19 キセル
18 煙草盆
17 オマケ考
16 ミッドセンチュリーモダン
15 人形
14 続・時計
13 時計
12 ネットオークション
11 ブレッド缶
10 ミルクガラス
9 電話
8 続・骨董市の歩き方
7 骨董市の歩き方
6 掛け軸の額装
5 行李
4 かんざし
3 照明
2 南部鉄瓶でティータイム
1 帯の楽しみ方
自己紹介
発行部数
あなたもライターになれる

人形


こんにちは。大泉 りりこです。本日は「人形」についてのお話です。

人形、と聞いて、みなさんが一番最初に思い浮かべたのはどんな人形ですか?日本人形、ぬいぐるみ、ラバードール、ビスクドール・・・。おそらく、子供の頃に一緒に遊んだ懐かしいお人形か、今ご自宅で飾っているものを思い浮かべる方が大多数ではないでしょうか。

ビスクドールはアンティークドールとして、とても有名ですよね。日本にもたくさんのコレクターがおり、市場では高値で取り引きされていると聞き及んでおります。以前、横浜を訪れた際、旅行家の兼高かおるさんが世界中から集めた自らのコレクションを展示している「人形の館」でそれらの人形を観る機会に恵まれ、大変感激しました。中でもビスクドールの白い滑らかな肌、ばら色の頬、つぶらな瞳はまるで生きているかのようでした。

ぬいぐるみで一番有名なのはテディ・ベア。古今東西その人気は不滅です。おそらく誰もが一度は手にしたことがあるのではないでしょうか。愛らしいベア、ふかふかのベア、スリムなベア、白熊、黒熊、リボンがついているベア、お洒落な服を着ているベア、アンティーク・ベア、動くベア・・・。人気の作家物のベアはオークションで競り合いになることもあるとか。それでも、いろいろなベアの中から「一生の付き合いになる」お気に入りのベアを探すのはとてもエキサイティングなことですよね。

今人気が高まっているものにはラバードールがあります。最近はあまり見かけなくなりましたが、50年代にポピュラーだったゴム製の人形。魅力はなんといってもその素朴さと懐かしさ。日本では薬局でオマケにもらったサトちゃんやケロちゃん、それにキューピーなどのキャラクターものも多いですよね。おなかを押すと音がするものなどユニークで面白いものもたくさんあり、私もこれから集めてみたいと思っている一品です。

日本人形も今はなかなか見かけることがなくなりました。持ってらっしゃる方は、どうぞ大切に!これからアンティークとしての価値が高まるものとしては「ひな人形」が来ると思っています。みなさんが子供の頃ご両親が買われたものでも、既に20年位は経っていませんか?あるいはお祖母さま→お母さまなどと受け継がれてきたものなら50年位は経っていますよね。既に「オールド」です。「アンティーク」は大体100年以上前のものをさしますから、もう間もなくです。

最後にどうしてもあげておきたい「フランス人形」。昭和40〜50年代にはどこの家にも見かけたあの人形。ピアノの上やステレオの上、タンスの上などによく置いてありました。部屋をちょっとレトロな「昭和のインテリア」にしたいと思っている方、実践するには最適な人形です。ちょっと頭の片隅にでも覚えておいて下さいね。そのうち「昭和の部屋づくり」をテーマにもう一度取り上げてみたいと思っています。

本日はここまで。読んでくれてありがとう。

2002.02.09

楽天で「ビスクドール」を探す
大泉りりこ

スポンサード リンク

デジタルたまごや