アンティークで素敵生活 by 大泉りりこ

antq2.gif (3321 バイト)
SINCE:2001.11.03
UPDATE:2008.11.20

VISITED:

飾るだけでなく、実際に使ってこそ物は息を吹き返します。博物館学芸員資格を持つ著者が、アイテムの簡単な説明や骨董市の歩き方なども交えながら、暮らしの中でのアンティークの楽しみ方を提案します。

キーワード:生活,雑貨,小物,骨董,アンティーク,お宝,

大泉りりこの
アンティークコラム

20 御礼にかえて・・・
19 キセル
18 煙草盆
17 オマケ考
16 ミッドセンチュリーモダン
15 人形
14 続・時計
13 時計
12 ネットオークション
11 ブレッド缶
10 ミルクガラス
9 電話
8 続・骨董市の歩き方
7 骨董市の歩き方
6 掛け軸の額装
5 行李
4 かんざし
3 照明
2 南部鉄瓶でティータイム
1 帯の楽しみ方
自己紹介
発行部数
あなたもライターになれる

煙草盆


こんにちは。大泉 りりこです。本日は煙草盆についてのお話です。

煙草盆。モダンな灰皿の普及で今ではほとんど見かけなくなりました。若い読者の方は、ピンとこないかたも多いかもしれませんね。簡単には、煙草ケースと灰皿が合体したもの、と考えてみて下さい。

昔祖父が使っていた物は木製の土台の長方形で、金属の煙草入れと灰皿が掘りごたつのように並んでおさまっているものでした。煙草入れのほうには蓋がついていた記憶があります。

ドラマなどでは大工さんが使っていたり、旅番組で東京の下町などが紹介された時などに、職人さんの手元になにげなく置いてあったりします。

骨董市などで見かけるものは、年月を経て木の土台が飴色に変化しなんともいえない重厚な雰囲気を醸し出しています。

煙草盆は、装飾のあまりないシンプルな物が多いのですが、たまに凝った彫刻や、螺鈿細工などがほどこされた美しい物を目にするととても気になる一品になってしまい、「買わないけど、珍しいから最後にもう一度見に来よう・・・。」などと思うこともしばしば。

骨董ではなく新品ですが、以前飛騨高山に旅行した際、木工館のようなところで、骨太で力強い感じがする煙草盆に惹かれたことがありました。悩んだ末、結局買わずじまいで帰ってきた経緯があります。

実は我が家では数年前から禁煙を徹底し、灰皿は喫煙される来客があった時のみ登場することとなったので、「煙草盆を買っても使い道がない・・・」と思いこんでいたのです。

今考えると、煙草入れにはシガレットチョコ、灰皿のほうにはキャンディや落花生を入れ、和室のちゃぶ台のうえに菓子盆代わりに置いておくのも面白かったかなぁ、とちょっぴり後悔。

買わなかったものに限って、後悔もひとしお。みなさんもそんな経験、ありませんか?

本日はここまで。読んでくれてありがとう。

2002.03.03

楽天で「煙草盆」を探す
大泉りりこ

スポンサード リンク

デジタルたまごや