アンティークで素敵生活 by 大泉りりこ

antq2.gif (3321 バイト)
SINCE:2001.11.03
UPDATE:2008.11.20

VISITED:

飾るだけでなく、実際に使ってこそ物は息を吹き返します。博物館学芸員資格を持つ著者が、アイテムの簡単な説明や骨董市の歩き方なども交えながら、暮らしの中でのアンティークの楽しみ方を提案します。

キーワード:生活,雑貨,小物,骨董,アンティーク,お宝,

大泉りりこの
アンティークコラム

20 御礼にかえて・・・
19 キセル
18 煙草盆
17 オマケ考
16 ミッドセンチュリーモダン
15 人形
14 続・時計
13 時計
12 ネットオークション
11 ブレッド缶
10 ミルクガラス
9 電話
8 続・骨董市の歩き方
7 骨董市の歩き方
6 掛け軸の額装
5 行李
4 かんざし
3 照明
2 南部鉄瓶でティータイム
1 帯の楽しみ方
自己紹介
発行部数
あなたもライターになれる

帯の楽しみ方


はじめまして。「アンティークで素敵生活」の大泉りりこです。アンティークというと、一般には100年以上前のものを指すことが多いようですが、ここでは年代にはあまりとらわれず、100年未満の比較的新しいもの、新品でもアンティーク風に作られたものでも「アンティーク」としてご紹介していきたいと思います。

長い時を過ごしてきた物たちには、それぞれ使われてきた時代背景や、それを使っていた人たちとのストーリーが隠されているもの。私の持っているアンティークアイテムたちも、一体どんなドラマがあって、自分のところまでやってきたのか、想像するのはとても楽しく、ひとつひとつが、忙しい毎日を心豊かに彩ってくれる大切な宝物です。

高価なものを飾るだけでなく、低価格なものを現代のライフスタイルに合わせて使って楽しむ。それもアンティークのひとつの味わいかた。では実際には、どんな楽しみ方があるのでしょう?

創刊号は「帯」の楽しみ方から・・・。

帯。日本では洋服以前に着物の文化がありました。今では七五三や成人式・結婚式などなにか特別な時しか着物を着ることがなくなってしまいましたね。帯も然り。これからますますアンティークアイテムとしての価値が高まると私はふんでいます。

さて、この帯ですが、骨董市や和骨董のお店では数千円から数万円で売られています。が、帯の状態(汚れ・長さなど)によっては千円以下のものもあります。状態の良いものは、和室の壁に、掛け軸風に縦にディスプレイしたり、ぐるぐるねじって障子やカーテンレールに沿って横に留めたり、リボンのように結んで玄関のコーナーに飾る、などの方法で大胆かつシックに楽しむことができます。

しかし、状態の良くないものでも、汚れた部分は切ってしまい、厚手の帯は2枚合わせて手提げバッグにすると世界でただひとつ、オリジナルの美しいバッグの出来上がりです。しかも、かなり丈夫で実用的。少々使い続けてもへこたれません。

薄手の帯も同様に、汚れた部分はあらかじめ切って、クッションにしてしまいましょう。和室のインテリアにはもちろん、モノトーンでまとめた洋室にもよく似合うことうけあいです。

帯は着物と同様に、色も柄もさまざま。大胆でモダンな柄もあれば、繊細で緻密な伝統柄もあります。色も和物独自の抑えた発色から、西洋のものに近い明るいパステルトーンまで本当に千差万別。それだけにお気に入りの一品を見つけたときの喜びは大きく、胸がいっぱいになってしまいます。

骨董市は全国各地で行われていますので、お住まいの近くで開催される時は、是非足を運んでみて下さい。意外な掘り出し物があなたを待っているかもしれません。

2001.11.03
大泉りりこ

スポンサード リンク

デジタルたまごや