出会いサイトのサクラちゃん by 椎名さくら

出会いサイトのサクラちゃん
女子高生という4文字が踊るだけで大繁盛の出会い系サイト。気軽に始めたサクラのバイトがいつの間にかスゴイことに。メールに奥に潜む想像を絶する男の性と本能を10代の娘っ子椎名さくらが語ります。

キーワード:女子高生,出会い系,メール職人,調教,援助交際

椎名さくらのコラム

9 まじめなはなし
8 オナニーメール(2)
7 オナニーメール
6 小説
5 唾液にかけた青春?
4 ¥交って、〜
3 あったかメ〜ル
2 メルトモハンター
1 初めてのメール
0 現役女子高生ブランド

自己紹介
発行部数
 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情2

老人ホームの裏事情

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援

オトコとオンナ

出哀いサイトの福山くん

チョコレートカクテル

不倫のススメPart2

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2003.01.09
訪問者数:
更新:2011.02.16
デジタルたまごやトップ

第3回

あったかメ〜ル


風邪をひいてしばらくメールを出せなかったことがあった。
38度という、自分ではめったに出ない高熱をキープ。
へろへろふらふらでPCどころの話じゃなかった僕は、2日ほどPCを放置プレイしていた。
熱もひき、久しぶりに開いたメールボックスには沢山のメールが溜まっていた。
急に連絡がなくなって、シカトされたと思ったのね。スマヌ。

病み上がりのヘロヘロピーの体に、怒りのメールが突き刺さる!
「嫌なら嫌って言った方がいいよ」
「あんなに楽しくお話できたのに、僕が何かしましたか?」
しまいにゃ「バーカ」って。「バーカ」って!(泣)

なんでそんな方向にしか考えてくれないんだぁー!
ひーん!俺だって一生懸命やったんだよぉう。
ネットの世界における2日間という時間の長さを感じました。
出会い系って深いです。関係自体は浅くてもろいものですけど、こういう人間関係というものも成り立ってるのですから世の中ってすごいです。
僕だってロボじゃないんだから風邪くらいひくのよ、わかってお兄さん(泣2)

こんなメールの中でいくつかある、あったかメール。
そんなものに心を洗われます。。。
38歳の会社員。めがねさん。
メガネをかけているらしいのでメガネさんです。
この人は、たかが女子高生の僕に敬語メールを送り続けてくれる貴重な紳士です。
必ず「いつもメールありがとうございます」と丁寧な文面から始まるのが特徴です。あぁぁ・・・こんないっぱしの高校生に「メールありがとうございます」
って・・・・じ〜ん。

そんな彼から1通のメールが入っていました。
「お返事がないようですが、お元気ですか?風邪が流行っているようなので、さくらさんも気をつけてください。今夜は月がキレイですね。またメールします」
て、丁寧ー。親切ぅー。逆ギレメールの山の中で、なんだか光って見えます。
マトモな人もいるもんだ。いっぱいいたらヤだけど。

2003.02.11
椎名さくら