出会いサイトのサクラちゃん by 椎名さくら

出会いサイトのサクラちゃん
女子高生という4文字が踊るだけで大繁盛の出会い系サイト。気軽に始めたサクラのバイトがいつの間にかスゴイことに。メールに奥に潜む想像を絶する男の性と本能を10代の娘っ子椎名さくらが語ります。

キーワード:女子高生,出会い系,メール職人,調教,援助交際

椎名さくらのコラム

9 まじめなはなし
8 オナニーメール(2)
7 オナニーメール
6 小説
5 唾液にかけた青春?
4 ¥交って、〜
3 あったかメ〜ル
2 メルトモハンター
1 初めてのメール
0 現役女子高生ブランド

自己紹介
発行部数
 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情2

老人ホームの裏事情

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援

オトコとオンナ

出哀いサイトの福山くん

チョコレートカクテル

不倫のススメPart2

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2003.01.09
訪問者数:
更新:2011.02.16
デジタルたまごやトップ

第0回

現役女子高生ブランド


サイトを開けばそこはパラダイス。普通のマジメメールを送ってくれる人、マニアなコスプレ野郎から¥でナニを求めたおじさままで様々な人種が阿鼻叫喚の渦と化したその世界で蠢いている。

はっはっは。

そんな所で俺は、何をやっているんだろう・・・。元々携帯メールを始めた高校1年生の時に手を出した出会い系サイト。その壮絶なまでの食いつきに絶句しながらもなんとなく続けて、ついには出会い系のサクラのバイトをするようになってしまった。どうせ暇潰すなら金をかせごうぜ。って相当な小銭目当てにその禁断の門を開いてしまった僕は超チャレンジャーと言っていいだろう。まったく困ったちゃんにもほどがある。

17歳の女子高生には、カナリ刺激の強い世界ではあったが、それなりに人生の一部を経験させてもらったその世界の全貌をここでペロンと公開してしまおうと思います。これを読んだ男性の方や女性の方が、これからの出会い系利用の際に役立つような情報や珍道中(?)を紹介できたらいいのですが、、、お付き合いいただければ幸いです。

さて、出会い系サイトを利用した女子高生が放つ第一声。「返信早っ!」。書き込みをして5分で速攻返事が返ってくるというその速度に驚愕。ヲイヲイヲイ。世の中の男はそんなに暇な奴ばっかりなのかよ!?それでいいのか、日本男児!?

いや、そりゃあ僕も「女子高生」とか書いたのが効いたのかもしれないけどさ。ものすごく返事が早いような気がするのは気のせいかい?それとも「女子校に通ってて出会いがないので、男のお友達がほしいです」とか書いたのが効いちゃったのか?

ごめん。お金のために僕が一生懸命考えた、アオリ文句なんだよ。ありがとう。こんなに食いつきいいとは思わなかったよ。17歳の現役女子高生が「現役女子高生」がブランドであることを自覚する瞬間です。

なるほど、掲示板の書き込み1つでもここまで変わってくるのね。とても勉強になったよ。そして男性諸君に一言だけ言いたい。「Titel:はじめまして! 本文:Hしよ!」初回メールでこれだけはやってはいかんだろうと思うのは俺だけ?そういうBBSじゃなかったよな?そういう書き込みでもなかったよな?スイマセン。即効ゴミ箱行きでした。

2003.01.05
椎名さくら