すーぱー添乗員がゆく by 葉月ひまわり

すーぱー添乗員がゆく
ツアーコンダクターって言うと何だかとってもカッコイイですよね?でも、ソレってホント?「業界直伝の怖い話」や添乗員冥利につきる温かい話など国内団体旅行の裏側をかつてのバリバリ添乗員さんが語ります。

キーワード:旅行,国内旅行,格安ツアー,派遣,ホテル,添乗員,バスツアー

新着コラム

葉月ひまわりの新しいコラム
生徒の数だけ『合格への道』


41 瞬間の風景(葉月ひまわりの気持ち)
40 冬景色の贈り物
39 真冬のご褒美添乗
38

冬山の恋

37 冬がやってきたら??
36 大遅刻!その2
35 大遅刻!その1
34 添乗娘と結婚話
33 父の入院事件
32 私が添乗員になったイキサツ
31 ホストとゲスト
30 「ほんのお気持ち」チップのお話。
29 添乗員だって風邪をひく !
28 添乗員的ポジティブシィンキング!
27 困った添乗員に出会った時は
26 夏だから・・・アノ話。
25 添乗員さんのドレスコード
24 添乗員も行く!林間学校
23 九州の青い空・・・
22 夏休み!北海道へ行こう!(その2)
21 夏休み!北海道へ行こう!(その1)
20 お客様は神様だ!ってホント ?
19 番外編・コンフェデ杯観戦に新潟まで行って来たお話
18 旅行講座(基礎知識編)
17 旅行講座(オリエンテーション編)
16 添乗員(男)はモテモテだぁ !
15 旅を楽しむ方法
14 GWに旅行するワケは?
13 怖い話 南の島にて 後編
12 怖い話 南の島にて 前編
11 感じる!添乗員さんの話
10 スカート添乗員 後編
9 スカート添乗員 中編
8 スカート添乗員 前編
7 ダンス大好き!ニッポン人。
6 添乗さんの心配り 修羅場完結編
5 添乗さんの心配り 其の2
4 添乗さんの心配り 其の1
3 あの〜、ゲタバコは??
2 新人洗礼
1 添乗員さんの予習
0 プレリリース

発行部数

あなたもライターになれる

第26回

夏だから・・・アノ話。


 これは、私の先輩から聞いたお話です。

 有野さん(25歳・女性)は、キャリア4年目の添乗員さんですが、彼女にはちょっと、変わった特技があります。・・・というのは、あちらの世界の方が見えるらしいのです。

 ご本人曰く、「見えるだけよ、話はできないし、だから、付いて(憑いて?)来られても困るのよね」ということなのですが、そんな彼女は、時々、バスの中でお客さんの数を数える時、1人・2人増えている時があるとかないとか、とんでもない人(ヒトかな?)をツアーに連れ込んじゃうらしいんですよね。

 でね、ある日、あるホテルにお客さんを連れて到着したら、ロビーで一人、淋しそうなおばあちゃんが待っていたんだそうです。有野さんは、ピンと来たんです。その老婆もまた、自分にしか見えていないだろうことに。

 お客さんを部屋に送った有野さんは、案の定、付いて(憑いて?)来るそのおばあさんに、心の中で言ったそうです。「ごめんね、おばあちゃん。私、おばあちゃんの言ってることは分からないのよ。誰か、他の人のところへ行ってね・・・」と。

 彼女の言葉が分かったのか、おばあちゃんは、すーっと廊下を歩いて(?)行き、見えなくなったそうです。

 あっという間に、宴会の時間になり、有野さんは、先ほどのおばあちゃんのことなど、すっかり忘れていたのです。ちょっと、ビールも入った頭で、フラフラと部屋に戻ると、ななななな・・・なんと、例の老婆がベッドにちょこんと腰掛けているではありませんか!!

 さすがの有野サンも少しマイッタなと思ったらしく、もう一度、その老婆に「私は、わからないのよ!」と言ったそうです。見るところ、悪意のようなものは感じられないおばあちゃんなのですが、知らないお年寄りと一夜を過ごすのもなんだし、夜中、上に乗っかられたりしたら厄介だなということで、有野サンは、フロントに電話をして部屋を変えてもらおうとしたのです。

 でも、何故か、電話は話中・・・仕方なく、有野サンは、荷物を持って、フロントまで出かけていきました。フロントの人に「部屋を変えて欲しい」と言うと、案の定(*1)、あっさりと手配を始めてくれたそうです。

 そのとき、ふとロビーのほうを見やると、背中を丸めた人影がありました。こんな時間に?と思い、よく見るとその影は、振り返り、有野サンに笑い返したそうです。そう・・・その姿は、あの老婆だったのです。

 結局、有野サンは、その夜、そのおばあちゃんと一夜を共にしたそうです。さらに翌日、おばあちゃんは、一緒にバスに乗り込みましたが、ある観光地に着くとすーっっと消えていったそうです。

 有野サンは言ったそうです。「多分、あの場所に行きたかったんだね・・・まぁ、人じゃないから代金も取れないし、他の人には見えてないし、私の胸に収めておくよ」と。先輩は、そんな彼女より、知らぬ間にとんでもない人?と同乗させられていたお客様を気の毒に思ったそうですよ・・・

(*1)通常、旅館やホテルはこの手の噂を嫌います。だから、こういうクレームには、非常によく対処をしてくれますよ。

2001.08.10
葉月ひまわり

スポンサード リンク


 

オススメサイト

国内旅行情報

国内宿泊予約

ペットと泊まれる宿予約

無料宿泊券をゲット

ファミレス様、覚悟せよ!

海外旅行情報

アンコールワット世界遺産

グアム・サイパン格安旅行

ヨーロッパ3都市以上周遊

海外ホテル予約

海外航空券予約

国際化社会に生きる

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.01.05
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ