読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

素敵な嘘

2.ヤな女


仕方ないので、課題のレポートを書くことにした。       
知らない女の子と部屋でふたりきりなんて、ついぞ経験したことの
ない状況である。当たり障りのない会話さえ、できそうになかった。
それでも気になりそっと目をやると、女の子は僕の椅子を占領した
まま、グラスに残った氷をカラカラいわせていた。

何て女だ。僕は心の中で毒づいた。

彼女が座っている椅子は、三軒茶屋の骨董品屋でひとめ惚れして、
それこそ清水の舞台から飛び降りる決心で買ったものだ。そのため
に僕はテレビと携帯電話をあきらめた。大事な椅子なのだ。だれも
座らせたことがないのだ。なのにあの子は「座っていいか」の一言
もなしに、あんなでかい態度でふんぞり返っている。

          〜*〜*〜*〜*〜           

20分もたつと、女の子は退屈しはじめたようだった。
「ねえ」彼女は僕を呼んだ。
「灰皿ないの、ここ」
振り返ると、彼女はもうバッグから煙草を出しつつあった。

人の椅子に勝手に座り、そのうえ煙草を吸う! 

僕は決然と言った。
「この部屋、禁煙なんだ」
女の子は初めて僕の顔をまともに見た。
「どうしても吸いたいやつは、ベランダに出てもらってる」
僕的には強く出たつもりだった。
しかし彼女は1ミリも動じなかった。
「あたしがベランダに出れると思う? 何でもいいのよ。お皿でも
茶碗でも」

…僕は立ち上がると、足音をたてて部屋を横切った。流しに置いて
あったコーヒーの空き缶を取ってきて彼女の前に置き、机のほうへ
戻ると、窓を大きく開けた。
「寒い!」
僕は机の前にどんと座った。
「わかったわよ。吸わない」大きなためいきが聞こえた。
「吸わないから閉めて。風邪ひいちゃう」

窓を閉めながら、胃のあたりがキリキリ痛んできた。こんなときは
音楽だ。音楽を聴いて落ち着くのだ。
室内楽のCDを選び出したとき、つぶやく声がした。
「ヤな男」
振り返った。彼女は鏡を出して化粧を直し始めていた。
ためいきをつきたいのは僕のほうだ。
腕時計を見ると1時半。彼女が来てから、30分が経過していた。

          〜*〜*〜*〜*〜

さらに1時間が過ぎても、森島が戻ってくる気配はなかった。

僕は女の子を完全に無視することに決めた。自分でも大人げないと
思いつつ、腹が立ってしょうがなかった。部屋の中にはマーラーの
交響曲がこのうえなく陰鬱に流れていた。

「何か違う曲ないの?」女の子が訴えた。
僕は答えなかった。
「ねえ」
無視だ無視。完全無視。
「お腹すかない?」
意外な問いかけだった。

気がつくと、女の子は冷蔵庫を開けていた。
「勝手に開けるなよ」思わず声が出たが、おかまいなしに卵を取り
出し、扉を全開にしたまま、なおも物色している。
「温度が上がるから!」
僕はたまらず立っていき、横から扉を閉めた。
「マメなのねえ。冷蔵庫にちゃんと卵が入ってる男子なんて今どき
珍しいよ」
うるせえよ。僕は口の中で言って、勉強机に戻った。
「オムレツするけど、あんたも食べる?」
首を振ろうとした瞬間、腹の虫が鳴った。
「…オーダー。オムレツ2人前」
笑いを含んで彼女は言った。

女の子は水切りカゴの中からラーメンどんぶりを取り、片手でこん、
と卵を割り入れた。もう片方の手でコンロをひねる。馴れた手つき
だった。
「もしかして仙台の人?」ふいに彼女が言った。
「何で」僕は訊きかえした。
彼女は卵に塩とコショウを入れながら、
「笹かま」と答えた。
冷蔵庫の中の、実家から送ってきた笹かまぼこのことだ。
「あたしも仙台なんだ」
「…そう」
「なんか嬉しいね。東京で会うと」
女の子はほんの一瞬、小さな火がともったような笑顔をみせた。

→ 第3回へつづく →
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ