読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

素敵な嘘

3.料理の達人


彼女のつくったオムレツは、異常においしかった。
BGMはモーツァルトになっていた。食事どきにマーラーはいくら
なんでも重すぎる。                     

中沢林檎、というのが彼女の名前だった。

僕はふた口ほど早くオムレツを平らげた。林檎は電光石火の早業で
口紅を塗りなおし、皿を片づけようとした。僕は呼び止めた。
「俺やるよ」
林檎は長いまつ毛をあげて僕を見た。
「うまかった」ついでのようにつぶやくと、僕は皿を流しに運んだ。
水切りカゴの中には、調理に使ったどんぶりや箸がきれいに洗って
置いてあった。料理の完成と同時に、後片づけも終わっているのが
理想だ。何かに書いてあった覚えがある。

僕は林檎に訊ねた。
「どのくらい付き合ってんの、あいつと」
「あいつって、森島くん?」
「うん」
「付き合ってないわよ」
「え?」
「きのう会ったばっかりだもん」
僕は皿洗いの手をとめて林檎を見た。林檎はテーブルにひじをつき、
枝毛のチェックをしている様子だった。
平静をよそおい、僕は棚からコーヒーの缶を取り出した。
「会ったその日にエッチすんのかよ」林檎が言った。
振り向くと、からかうような目がこっちを見ていた。
「て思ったでしょ、今」
林檎はくすくす笑って枝毛チェックに戻った。

          〜*〜*〜*〜*〜

僕は動揺を隠して、コーヒーを淹れることに専念した。
「クラシックが好きなの?」林檎がCDラックを眺めている。
「ああ」僕は応えた。
「退屈じゃない?」
「偏見だよ。それにクラシックって、ジャマにならないし」

いい香りが部屋中にみちていた。僕は満足して、コーヒーをカップ
に注ぎ分けた。
「砂糖とミルクは?」
僕の問いに首を振り、林檎はカップを持って窓のほうへ行った。
ややあって、彼女は言った。
「じゃあ、あたしはヘビメタだ」
「ヘビメタ?」
「ヘビーメタル。あたしを音楽にたとえたらって話」

僕は林檎の後ろ姿を見た。何か変だった。
「でなきゃド演歌かな。間違ってもモーツァルトじゃないね」
林檎は振り返った。笑っていた。さっきオムレツを食べていたとき
とは全然違う笑顔だった。
「あたし、ジャマでしょ」笑ったまま、林檎は言った。
「あなたのジャマしてるでしょ」
次に彼女の口から出た言葉を聞いて、僕は耳を疑った。
「セックスしよっか」

我にかえったときには、林檎はもうベッドの上に座って、腕時計を
はずしていた。

「…待てよ」
「なあに」
「自分の言ってること、わかってるの」
「わかってるわよ」
「マジかよ?」
「気楽に考えなさいよ、お礼なんだから」
「お礼?」僕は声がうらがえった。
「そうよ。隠れさせてもらったお礼」
林檎はさめた目で僕を見た。
「でなきゃ、おいしいコーヒーのお礼」
そう言うと林檎は、羽織っていた青いカーディガンをするりと脱ぎ
捨てた。下はいきなりノースリーブだった。白い腕があらわになり、
僕は目がくらみそうになった。

→ 最終回へつづく →
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ