読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

素敵な嘘

4.初体験


わかったよ抱いてやるよ。一瞬ヤケになりかけた。お前なんか俺が
メチャメチャにしてやる。自分の経験の乏しさも忘れ、本気でそう
思った。

次に浮かんだのは、つい今しがた、自分の名前について話していた
林檎だった。
「おばあちゃんがリンゴ好きでね。リンゴがおいしくなってくる秋
に生まれたから、そうつけたんだって。あたしさ、化粧で隠してる
けど、ほんとは頬っぺた赤いの。まさにリンゴなんだ」
彼女はそう言って、まあるい笑顔をみせたのだ。

僕はものすごく怒っていた。怒っていたし、悲しかった。

「そんなこと、できない」彼女の白い腕から目をそらした。
「どうして?」
「どうしてって」
「静かにやればいいじゃん」
「そういうことじゃないだろ!」僕は怒鳴った。

「ナンパだか何だか知らないけどさ、君はとりあえず、森島って奴
がいいと思ったから、部屋に来たんじゃないの?」
林檎は僕をにらんで黙っていた。
「なのに何でそういうこと言うわけ。もしも、もしもだよ、俺たち
がそういうことしてたとするよ。そこにあいつが突然入ってきたら
どうするつもりなんだよ」
「何ともない」林檎は低い声で答えた。
「お互い様だもん。あんただって見たでしょ。さっきの彼の態度…
大あわてしちゃってさ。あの人何て言ったと思う? 君みたいな女
見たら、俺のオフクロ気絶する、だって。気絶って。何よ。いくら
なんでも失礼すぎない? あたしは化け物なの?」
瞬きひとつしたら、泣きだしてしまいそうに見えた。森島なら抱き
しめてやるのだろう。だけど、僕はそんなふうにはなれない。

「じゃあ、どうしてほしかったの」
「…」
「堂々と紹介してほしかったのか?」
「…」
「だったら、そういう子になりなよ。堂々と紹介してもらえるよう
な女の子になれよ。男に下着洗わせたりすんなよ!」
林檎の大きな目が、僕を見つめていた。その目からついに涙が、頬
を伝ってこぼれ落ちた。

ノックの音がした。
森島、と僕は思った。お前にはちょっと失望したぞ、森島。
のろのろと立っていき、ドアを開けた。
満面の笑顔で立っていたのは、僕の母親だった。

          〜*〜*〜*〜*〜

母は両手に大きな紙袋をさげて入ってきた。杉並の叔母の家に用事
があって来たこと、そこでリンゴをたくさんもらったので、僕にも
分けてやろうと思って寄ったということ、管理人さんがとても良い
人で話し込んでしまったということ、そこまで一気にしゃべり倒し、
ようやく林檎の存在に気づいた。

母は『はにわ』のような顔になり、「隆史」と僕を見た。
僕はとっさに‐どうしてあんなことができたのか、今もわからない
のだが‐林檎の身体をぐっと抱き寄せた。
「付き合ってんだ」林檎の肩が、手の中でかすかに震えた。
「夕べ具合が悪くなって、ここに泊めた」
だってあんた、と母はつぶやいた。
「ごめんなさい!」林檎が頭を下げた。
「あたしが悪いんです。つい飲み過ぎちゃって、それで柏木くんに
迷惑かけちゃって」
母はまじまじと僕ら2人を見くらべた。

          〜*〜*〜*〜*〜

1時間後、林檎は寮の脱出に成功した。母が階下に様子を見に行き、
管理人がうたた寝しているのを見定めて、呼んでくれたのだ。

その前に母は、さんざん僕らにお説教をした。
電車がないならタクシーがあるでしょう。だいたいそんな遅い時間
まで遊んでちゃダメよ。もっと自分を大事にしなきゃ…林檎はひた
すらうつむいていた。
「わかればいいわ。一番悪いのはこのバカ!」
最後に母はそう言って、スリッパで僕の頭をひっぱたいた。

近くのバス停まで3人で歩いた。母はすっかり上機嫌で、イチョウ
が色づいたこと、とか、隆史にこんなかわいい彼女ができるなんて
ねえ、とか、一人勝手に盛り上がっていた。そしてバスに乗り込む
間際には、息子をよろしくね、と林檎に頭を下げた。

バスが見えなくなるまで見送った。林檎の手には、母に持たされた
リンゴの入った袋がぶらさがっていた。
「嘘、ついちゃった」林檎がつぶやいた。
僕は返事のかわりに大きな息を吐いた。ぐったりしていた。

「駅まで送る」僕が歩きだすと、林檎は小走りについてきた。
「リンゴ、大好き」林檎は言った。
「名前といっしょだもんな」
「実はね」彼女は少しだけ、僕に寄り添った。
「今日なんだ。あたしの誕生日」
僕は林檎を見下ろした。林檎は一瞬僕を見つめ、とまどったように
目をふせた。

味わったことのない切ない感情が、僕の心臓をしめつけた。

何て日だ。たった一日のうちにいっぺんに、こんなに色んなことが
起こってもいいんだろうか。
つかず離れず並んで歩きながら、僕は駅前に使える喫茶店があった
かどうか、頭をめぐらせはじめていた。

― 完 ―
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ