読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

ブルー・クリスマス

1.空腹


ジョニー・マティスが『ブルー・クリスマス』を歌いはじめた。
                              
立ち上がりかけて、気力が失せた。鏡子は両腕をだらんと椅子の脇
へ垂らして、天井を見上げた。
4回目の『ブルー・クリスマス』だった。オールリピートにセット
したCDの演奏時間は約52分。自分はかれこれ4時間近く、この
場所に座り続けていることになる。

ロウソクの炎ばかり見つめ続けていたので、天井が真っ暗に見える。
初めて挑戦したローストターキー、真っ赤なイチゴののったケーキ、
銀座まで出かけて買ってきた上質のスモークサーモン…さまざまな
食べ物の入り混じった匂いが、闇の中にただよっている。

今朝も夫は、ほとんど口をきかずに出ていった。

自分で合わせた目覚ましで起きて、自分で淹れたコーヒーを飲みな
がら新聞を読み、自分でアイロンをかけたYシャツを着て、自分で
選んだネクタイを締め、自分で磨いた靴を履いて出かけていった。
結婚した当初は、何て手のかからない人だろうと感心したものだ。

ジョニー・マティスは歌い続ける。悲しい歌のわりには暢気な声。
子供のころは歌詞がわからず、失恋の歌だとは思いもしなかった。
大人になった自分は、毎年だれか素敵なひとと、美しいクリスマス
を過ごすのだと信じていた。

夫は外泊をするわけではない。香水の匂いをさせて帰ってくるわけ
でもない。けれど心が離れかけているのは事実だ。

もともと無口な人だった。でも妻が咳こめば、「風邪じゃないの」
と声をかけてくれるやさしさはあった。玄関に花をかざれば感想を
言ってくれた。夕食が家でとれない日には、かならず電話をくれた。
それが今は何の連絡もない。クリスマス・イヴの夜11時に、夫が
帰ってこない。

ふいにチャイムが鳴った。鏡子は立ち上がった。

夫ではない、と思った。彼はどんなときも自分で鍵を開けて入って
くる。待っている間に開けたほうが早いという考えなのだ。
インターホンの受話器を取り上げながら、それでも鏡子は壁の鏡を
一瞬ながめ、前髪をなおす。期待をすればするほど失望は大きい。
わかっているのについ、確かめもせず「お帰り」と言ってしまう。

「すいません。204号室の北迫ですが…」

はたして聞こえてきたのは、似ても似つかぬ男の声だった。鏡子は
壁に寄りかかった。
「荷物、預かっていただいてるみたいで。申し訳ありませんでした、
出張だったもんで」隣室の男の声は、あくまであかるい。
鏡子は受話器を置き、3日間、キッチンの冷蔵庫わきのスペースを
占領していたばかでかいダンボールを見た。つま先で押しながら、
廊下を滑らせて運んでいった。

204号室の男は、くたびれたグレーのスーツを着て立っていた。
ドア・スコープ越しに覗いたその顔は濃い疲労を滲ませていたが、
鍵がはずれた瞬間、すばらしい営業スマイルに早変わりした。

夜分にすいません。あ、お隣なのにお話したことなかったですね。
はじめまして、ですね。でもご主人とは管理組合の会合で何度か。
こうして拝見すると、ずいぶんお若い奥さんなんですねえ。いやー
うらやましいなあ…彼はしゃべりまくり、鏡子の能面のような表情
に気づいて、やっと黙りこんだ。

リビングに戻り、鏡子は飾りたてたテーブルを眺めた。朝の8時に
トーストを1枚入れたきりの胃袋が、ふいに存在を訴え始めた。

もっとも彼女の食欲を刺激するのは、ケーキのイチゴの赤い色だ。
鏡子は銀のフォークを握って、真ん中のイチゴを突き刺した。口へ
運ぶと、梅干しを食べたときのように、あごの付け根が痛んだ。

涙がこぼれた。

フォークを握りなおし、ケーキに突き立てた。
何度も何度も、「Merry Xmas!」の飾り文字が跡形もなくなるまで、
心ゆくまで突き刺した。

→ 第2回へつづく →
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ