読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

ブルー・クリスマス

2.雪女


うー寒、とつぶやきながら、健司は下駄箱の上に鍵を放り、抱えて
きたダンボールを玄関マットの上に下ろした。
隣室の主婦の姿を見たのは今夜が初めてだった。長い髪に囲まれた
顔は陶磁器のように美しかったが、瞳はうつろで何も映していない
ようにみえた。

亭主のほうとは、マンションの管理組合の集会で顔を合わせたこと
がある。保険会社の財務部にいると聞いた。背の高い、いかにも頭
の切れそうな男だ。奥方はかなり年下と見た。人気の美人受付嬢を
ものにした、というところだろうか。

それにしても、と健司は考える。このマンションに越してきて2年
たつのに、隣の部屋の主婦とまったく面識がなかったというのは、
いかがなものだろうか。別々の家族とはいえ、とりあえず同じ建物
の中にいるのだ。これもいわゆる『ひとつ屋根の下』ではないのか。
プライバシーの尊重も結構だが、東京の連中は‐健司がこの言葉を
口にすると妻は必ず嫌な顔をするのだが‐いきすぎている。隣人の
顔も声もろくにわからないという異常事態が、平然とまかり通って
いるなんて。

宅急便の伝票に、几帳面な文字が並んでいる。
差出人名は『手塚真弓』。妻だ。『手塚』とは彼女の旧姓である。
のしかかる疲労につぶされるように、健司は廊下に座りこんだ。

最初に出てきたのは、布袋に包んだ赤い華奢なハイヒールだった。
健司はしばらく眺めた。結婚直前のクリスマスに自分が贈ったもの
だと思い出すのに、20秒ほどかかった。

リンゴのかたちのブローチ。ゲームセンターで落としたぬいぐるみ。
海外出張先で買ったエルメスのスカーフ…つぎつぎ出てくる品々は
すべて、健司が妻にプレゼントしたものだった。指輪の箱がふたつ。
開けるまでもなく婚約指輪と結婚指輪だ。とどめの離婚届は一番底、
白い封筒の中に入っていた。

何がいけなかったのか、今もよくわからない。

妻は大学の同級生だった。長く続いた友だち関係が変わったのは、
3年生の夏休みに仲間大勢で出かけた温泉旅行だった。
夜更けに健司が旅館の外で酔いをさましていると、妻が出てきた。
「きれいなお月さま」
彼女はそう言って健司の隣に座った。一晩中、2人でたくさんの話
をした。そして恋におちた。

結婚さえしなければうまく行った。妻はそう言った。
離婚ではなく別居という提案に、健司は応じることができなかった。
夫婦なんだから一緒に暮らすべきだ。繰り返す彼に向かって、妻は
つぶやいた。
「あなたのそういうところが、あたし我慢できないの」

健司は離婚届だけを持って、リビングに入った。
電気のスイッチに手をのばし、一瞬目をつぶる。点いた時の眩しさ
と、散らかり放題の室内の惨状を思うと、ついそうしてしまうのだ。
乾燥機から引っぱり出したままの洗濯物も、床に積み上げた新聞も、
水をやりすぎて根腐れしてしまった鉢植えも、当たり前だがすべて
出かけたときのままだった。

食卓にちらばった酒瓶やカップラーメンの容器を押しやり、離婚届
をひろげた。妻の欄は、すべてきれいに署名・捺印されていた。

こういうことは、さっさと事務的に済ませるべきなのだ。

健司は背広の内ポケットから万年筆を取り出し、立ったままで書き
こんだ。手が震えてひどい筆跡になった。書き終えると大股に部屋
を横切り、電話の横に置かれたケースから印鑑を取り出した。食卓
に戻り、ポンポンと2回朱肉をつけて書類に向かった。

捺せなかった。

冷蔵庫に1本だけ残っていた缶ビールとともに、ベランダに出た。
荒れ果てた部屋の中よりはまだ、気分よく飲めそうな気がしたのだ。
しかし12月下旬の夜の外気温は、冷たいビールにはおよそ不適切
だった。風が吹いて、健司はたちまち震えあがった。

やけくそでプルトップを上げたとき、パン! と派手な音が響いた。

犯人は隣のベランダにいた。ついさっき会ったばかりの隣家の主婦
が、シャンパンの瓶を持って、青白い顔で突っ立っていた。

→ 第3回へつづく →
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ