読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

ブルー・クリスマス

3.かなしいストロベリー


けさ買い物に出る前に、鏡子は夫にEメールを送った。
何度も書きなおしたあげく、「今日は何の日?」と1行だけ打ち、
きらきら光るツリーの動画と『サンタが街にやってくる』のBGM
を添付して送信した。

職場にこんなものを送ったら、夫は怒るかもしれなかった。いや、
怒ってくれるならまだいい。年の瀬のあわただしい時期、妻からの
私信など後回しにするに決まっている。そういう人だ。
送信ボタンを押したとたんに後悔していた。後回しにしたまま削除
されてしまえばいいと思った。今日見てもらえなければ、間抜けで
しかないメールなのだから。

ぐしゃぐしゃになったケーキを、台所へ運んだ。スポンジにしみた
イチゴの赤い色。3ついっぺんに頬張りながら、鏡子はシャンパン
の瓶をクーラーから取り出す。しびれそうなくらいに冷えていた。

室内で開けるのは汚しそうで厭だった。ベランダに出て威勢のいい
音をたてたとき、間近で「うおっ」と声がしたのだ。隣のベランダ
から、さっきの204号室の男が身を乗り出していた。

あれ、パーティーですか。そう言った彼のさびしいつくり笑顔を、
鏡子はつくづく眺めた。どうして笑うんだろう。ひとり寒空の下で
ビールを飲んでいる男が、どうして私に微笑む必要があるのだろう。
なぜか声をかけていた。自分の言葉に自分で驚くひまもなかった。
「一緒に飲みませんか? よかったら、こっちの部屋で」
お料理もたくさんあるんですよ、と鏡子は微笑んだ。

北迫はさすがに神妙な面持ちで入ってきた。それでも営業マンの性
なのか、食卓につくとさっとシャンパンの瓶に手を伸ばし、グラス
に注ぎ分けた。

2人はとりあえず乾杯の仕草をした。
「どういう状況なのかな、これは」北迫が曖昧な笑みをうかべた。
「そもそも、何に乾杯すればいいんだろう」
放っておけば、いくらでもしゃべっていてくれそうな人だ。鏡子は
ローストターキーにざくざくナイフを入れる。
「飲んじゃいますよ、俺」北迫の声が少し大きくなった。
「悪いけど、今日はガンガンに酔っぱらいたい気分なんだ」

北迫の妻は、ジーンズのよく似合う女性だった。
鏡子は何度か挨拶を交わしたことがあった。1週間ほど前、大きな
荷物を持って出ていったのも知っている。気づかない素振りで目を
伏せた鏡子に、北迫の妻はあかるく声をかけた。
「短い間でしたけど、お世話になりました」

「まだ籍は入ってるんですよ」
北迫はもりもりターキーを食べていた。
「なのに旧姓で荷物送ってきてんですよ。中身何だと思います? 
婚約指輪でしょ。結婚指輪でしょ。それから、僕が買ってやった靴
とかバッグとか。ぜーんぶ、いっさいがっさい。信じらんねえ」
「わかるわ。女って、そういうところある。新しい暮らしを始める
なら、何もかも新しくしたいのよ」

そんなもんかな。首をひねって、北迫はちぎったロールパンを口に
放り込む。美味しそうに食べる人だ。きっと家庭料理に飢えている
のだろう。自分が焼いたパンのせいでは決してない。現に夫は、私
の料理を美味しいと言ったことは一度もない。
「考え込まないほうがいいですよ」北迫がまた微笑んだ。
「証拠もないのに旦那さんのこと、疑ったりしちゃダメだ」

笑った相手の顔を、鏡子は頬杖をついて見ていた。きれいな歯だ、
と思う。年中アスピリンが欠かせない夫とは大違いだ。
ふと見ると、シャンパンの瓶がカラになっていた。
私、1杯しか飲んでない…鏡子の頭にそんな考えがのぼったとき、
「困ってるんじゃないですか」と北迫の声がした。
「こんな男を家にあげちゃって」

→ ブルークリスマス最終回へつづく →
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ