読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

ブルー・クリスマス

4.永い恋


まずい、呂律が回ってないぞ。健司はグラスを置いた。特に乱暴に
したつもりもないのに、ごとんと大きな音がした。
                              
この部屋に入ってくるときに彼は、キッチンの調理台の上で無惨な
姿をさらしているショートケーキを見てしまった。つぶれたイチゴ
の血の色が、毒々しく目に焼きついた。
初めて会った美しい女の、冷えた孤独にさわったような気がした。
鏡子には思いも及ばぬことだが、健司はおそろしかったのだ。緊張
のあまり、逆に酒がまわってしまったのである。

「心配なんだ。急に旦那が帰って来そうな気がしてきた。そしたら
何て言い訳しよう? その前にこの男をどうしよう? どうやって
帰ってもらおう? …そう思ってるんでしょう」

鏡子が立ち上がった。健司は彼女の、ミルクティー色のセーターの
ふくらみを眺めた。お嬢さん奥様。酔っぱらいにはきっと不慣れだ。
俺が次にどんな行動に出るか…怒鳴るのか、洗面所に駆け込むのか、
あるいは狼藉に及ぶのか、予想もつかないに違いない。

テーブルに手をつきながら身体を起こすと、思っていたよりさらに
酔っていることがわかった。狼藉どころか、歩くのが精一杯だ。
「ごめん。帰ります」健司はつぶやいた。

玄関のほうへ歩こうとしたとき、女が動いた。動いて、健司の袖を
そっとつかんだ。
「酔ってらっしゃるみたい」彼女は言った。
「部屋までお送りします。廊下で寝ちゃったりしたら大変」
ああ。健司は心の中で声を出した。ああ、ばかばかしくお嬢さんだ。
人を疑うことを知らず、勇気と慈愛とに満ちあふれている。

彼はあっけなく、ミルクティー色のセーターを抱きしめた。

…鏡子は頬にふれた健司のネクタイをながめていた。意外とシック
な趣味だった。妻の見立てかもしれない。
「あなたは、」彼女は深いグリーンのネクタイに向かって言った。
「もう愛してらっしゃらないの」
男の鼓動が高かった。
「だったら、真冬のベランダでビールなんか飲まないですよね」
「黙ってくれよ」引っ込みがつかないというように、力がこもった。

「マイナスなの」鏡子は言った。

男が顔を覗きこんだ。
「さびしい人間は、マイナスなの」
「…」
「私も、あなたも。だから、こんなことしてもだめ」
鏡子はむしろ、相手の胸に頬をよせながら微笑んだ。
「マイナス同士を足したら、よけいマイナスだもの」

30秒くらいかけてゆっくりと力をゆるめた仕草に、鏡子は相手の
礼儀正しい優しさを感じた。健司はややふちの赤い、しかし十分に
冷静さをとりもどした瞳で、鏡子を見た。

チャイムの音がした。鏡子は健司の腕から抜けだし、インターホン
にとりついた。やがて戻ってきた彼女はダンボールを抱えていた。
「あなたに」鏡子は伝票の文字を読んだ。
「奥様から。食料品って書いてあります」
食料品? 首をかしげながら健司はダンボールを受け取り、酔いの
残る足取りで玄関へ歩いた。背後で、電話のベルが鳴った。鏡子は
電話機を見、そして健司を見た。
「出て」口の動きだけで健司は笑いかけ、扉の外へ出た。

妻からの荷物第2弾には、独り身の男にふさわしい簡単な食料品が
ぎっしりとつまっていた。そしていたずらっ子のように姿を現した
プレゼントの包み。リボンをといた中身は明らかに手編みとわかる
手袋で、健司は女心の不可解さと、シャツのボタンさえ満足につけ
られなかった妻の苦労を思い、少し声をあげて笑った。

外で、車のとまる音がした。

ベランダに出て見下ろすと、真下に停まったタクシーから、大きな
花束を抱えた背の高い男が‐隣家の主人が降りるところだった。
隣のベランダに鏡子がいた。
「どうしよう…」鏡子は感情を表しそこねた顔で健司を見た。
「どうしようって?」
「…ケーキ。ぐしゃぐしゃ」
健司は笑った。食べちゃえば一緒さ。

窓を閉めると、鏡子は壁の鏡を覗いて前髪を直し、夫を迎えるとき
はいつもそうであるように、かすかに胸を高鳴らせた。

ジョニー・マティスが、何度めかわからない『ブルー・クリスマス』
を歌い始めた。

― 完 ―

2001.12.22
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ