読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

おかえり。


教室を出ようとしたときに、携帯が鳴った。翔太からだった。家に
帰ってみたらお母さんがいないのだ、という。

「べつにいいんだけどさあ」口がもぐもぐ言っている。お菓子でも
食べながらなのか。無礼な弟は今年で8歳になる。
「でも、いつもなら置き手紙とかしてかない? ヘンだよね」
私はマフラーを巻きながら、出口のところで待ってくれている友達
に先に行っていい、とゼスチュアする。そのとき突然、電話が大人
の声に替わった。早く帰ってきなさい、とその声は言った。
「お父さん?」思わず時計を見てしまった。まだ3時まえだ。

我が家に何かが起こったらしい。母の不在。そのかわり変な時間に
家にいる父。絶対いいことではなさそうなのに、私はみょうにわく
わくして、彼氏に電話してしまった。
「それは帰ったほうがいいよ」彼氏は言った。
「何でもないといいな。またかけてよ、俺8時までバイトだから」
彼氏はお母さんと2人で暮らしている。すごく大人でやさしくて、
私の自慢の彼氏だ。

さて、家に帰って玄関ドアを開けると、父の革靴と脱ぎ捨てた翔太
のズックのほかにもう一足、男ものの靴があった。4月から大阪に
転勤している兄のだと、私はすぐに気づいた。

「兄ちゃん、会社やめちゃったんだって」
台所のテーブルでポテトチップスを食べながら、翔太が言う。父は
居間のソファで、"不機嫌"の見本みたいになっていた。

とりあえず、着替えるために2階へあがった。ついでに兄の部屋を
のぞく。兄はベッドに仰向けになり、天井をみていた。
何で会社を辞めたのか訊くと、
「なんか違う気がするんだよな」という答が返ってきた。

          〜*〜*〜*〜*〜

6時半になっても母は帰らず、連絡もなかった。

翔太は半ベソの顔になり、父と兄は腕組みをしてだまり込んだまま。
良妻賢母のカガミのようだった母が、と思うと、私もさすがに心配
になってきた。それにお腹もぺこぺこだった。
「とにかく出前でもとらない? 北京亭がいいな」
私が近所の中華屋の名前を言ったとき、ファンヒーターがピーピー
と鳴りだした。

私が灯油の置き場所を知らなかったものだから、父が怒りだした。
女のくせに家の中のことに無頓着すぎる、というわけだ。
「だいたい何が出前だ。こういう場合はお前がつくるべきだろう。
まったく、母さんはどういうしつけをしてるんだ」
「母さんのせいにするなよ」兄が初めて口を開いた。
「それより心当たりないの。母さんの行き先。出てった理由」
私は兄の横顔を見た。半年あまりのひとり暮らしのせいか、すこし
痩せたようだ。兄はまっすぐ父を睨みつけていた。

父は黙っていた。そうだろうな、と兄はつぶやいた。

「母さん、こないだ電話で言ってたよ。父さんは最近全然私に関心
ないみたい。結婚記念日も忘れてるってさ」
「兄貴もそうなるかもよ」私は言ってみたが、父子のあいだに立ち
上がった不穏なムードは消えず、兄はさらに言いつのった。

「晴香が灯油の置き場知らないのも母さんの責任かよ? 昔っから
そうじゃん、自分のことは棚に上げて、仕事仕事って全部母さんに
押しつけてさ。問題が起きるとすぐ、お前の教育がなってないって
母さんのこと怒鳴ってさ」

父が立ち上がった。兄も立ち上がった。すると兄のほうが3センチ
ぐらい背が高かった。
「ずいぶん偉くなったもんだな」父はなぜか眼鏡をはずした。
「仕事から逃げ出してきた奴に、そんなことを言う資格があるのか」
ファンヒーターがまた、ピーピーと鳴った。

「うるせえ音だな」兄が笑った。
「給油してやんない限り鳴りっぱなし。だれかさんみたいだよ」
「兄貴、もうやめな」私は言った。
「一家の主は働いてりゃそれでいいのか? あとは威張りかえって
文句言ってればいいってか? 大体…」
遂に父がキレた。兄の頬がばしっと鳴り、翔太が泣き出す。泣き声
とファンヒーターのサイン音とで、私までが叫びそうになったとき、
勝手口のドアが開いた。

そこに母が立っていた。

          〜*〜*〜*〜*〜

母はすごく疲れた様子をしていた。翔太が駆け寄っても、私や兄が
どこにいたのとたずねても、まるで反応がなかった。たっぷり30
秒はかたまっていただろうか。母は突然泣き出し、父に抱きついた。
それはもうムチャクチャな、キスでもしそうな抱擁だった。

よかった、帰ってきてくれて…帰ってきたのは自分のくせに、母は
そう言って泣いていた。とぎれとぎれに話すのを聞いて、私たちは
だんだん事情を理解した。母はお隣の横山家の奥さんから、公園の
ベンチで途方に暮れる父を目撃した、と告げられた。心配になって
会社へ電話してみると、父は半月も前に退職していたのだ。

「あたし何も気づかなくて…もしかして今日こそ糸が切れちゃった
んじゃないかって、そう思ったらいても立ってもいられなくて」
「それで探してくれてたのか」
「…座ってた」
「座ってた?」
「あなたのいた、公園」

父は不器用に母の背中をなでていた。
しずかな部屋で、ファンヒーターがピーピー鳴っていた。

「ねえ」私は兄に言った。「辞表って取り消せないの?」
「俺も今、そのこと考えてた」兄が答えた。
その声で、母はきょとん、と兄を見た。
「どうして透がいるの?」
悪夢だ、と私は思った。

やがて父が「すまない」と言った。父は私たちの顔をひとりひとり
きちんと見て頭を下げ、自分のふがいなさと、半月も言えずにいた
ことを謝った。父の頭のてっぺんを見るなんて初めてで、私はどう
しようもなく心細い気分になった。
「大丈夫よ。何とかなるわ」
母がひまわりのように笑った。何とかならないよ、と思ったけれど、
ドラマみたいに見つめ合う両親を見たら、もう黙るしかなかった。

          〜*〜*〜*〜*〜

しばらく外食なんかできないから、という名目で、その晩私たちは
北京亭に行き、お腹いっぱい中華を食べた。

帰りはとても寒かった。私は兄と並んで歩きながら、目の前を行く
父と母の、急に恋人同士にかえったような、腕をしっかりと組んだ
後ろ姿を眺めていた。
「ピンチを一緒に乗り越えた男女は、絆が深まるって言うよな」
兄の背中で翔太が眠っている。ふざけて紹興酒を飲ませたのだ。
「まだ乗り越えてないんですけど」テンションが下がっていく私の
コートのポケットで、携帯が鳴った。

彼氏だった。私はかんたんに事情を説明し、家計の節約のためには
携帯も解約しなきゃならないかも、と言った。

「いいじゃん、電話なんかなくても」彼氏は笑った。
「会えばいいんだから。会う回数増えるんだぜ。オレは嬉しいよ」

やっぱり彼氏は大人だ。

電話しながら、空を見上げた。
満月がきれいだった。感動しているせいで、少しうるんで見えた。

― 完 ―

2001.12.29
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ