読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

モーニング・ジュエリー

1.美しい女(ひと)


あざやかに思い出すのは、朝の光の中で髪をとかす後ろ姿だ。

目を覚ますと雪子はいつも先に起きていて、栗色の長い髪を大きな
ブラシでとかしていた。
ゆっくりと、何分もかけて行うその作業は、儀式のようにも見えた。
やがて、鏡の中で雪子が微笑む。振り返り、唇が「おはよう」の形
になって、彼女はもう僕のそばにいる。キスをかわすと、さらさら
と髪が頬をくすぐる。その感触と、淡いシャンプーの香りだけで、
世界がみたされていく。

美しい髪の毛だけが自分の取り柄と、雪子は思いこんでいた。でも
僕に言わせれば、彼女のすてきなところは数限りない。

おとなしい一重まぶたや、小指を噛む癖や、5cmヒールをはくと
僕を追い越してしまう背の高さ。ミルフィーユをじょうずに食べる
器用な手や、意外と悪い寝相や、怒ったときにも出てしまうえくぼ。
雑踏の中でも聞き分けられる囁き声や、僕の袖をそっとつまむ仕草
や、抱きあった後に必ず流す涙。

雪子が死んだ日、電話で雪子の声を聞いた。

受話器からいきなりあかるい声が聞こえてきて驚いた。そのころの
雪子はもう衰弱しきっていて、電話のところまで歩くのはおろか、
起き上がることさえ不可能な状態だったのだ。
「びっくりした?」雪子はくすくす笑っていた。
「今日は嘘みたいに具合がいいの。…ねえ、きれいなお天気ね」
僕は窓の外を見ようとして上司と目が合い、机に向き直った。
「無茶しないでくれよ。あとで行くから、おとなしくしてて」
「はあい」

危篤の報せが携帯に入ったのは、帰宅ラッシュの地下鉄の中だった。
病院に着いたときには全てが終わっていた。雪子の家族は、婚約者
である僕のために、うなだれながら壁際に遠のいた。

『眠るような死に顔』なんて大嘘だ。僕は思った。テレビドラマの
死は、生きている人間が演じるからそうなるのだ。10か月の入院
生活からやっと解放された雪子は、泥だらけの靴で踏みにじられた
コスモスみたいだった。

不思議な出来事は、我が身に起こるとすんなり納得できるものだ。
電話をくれた雪子がすでに半分この世の人でなかったことを、僕は
理解していた。だからだれにも話さなかった。ただ、最後にあんな
あたりまえなやさしい会話を残して去った彼女の魂を思い、大酒を
くらっては目覚め、また正気を喪うまで飲むという、しょうもない
生活をくりかえした。

1か月めに急性アル中でかつぎ込まれた。退院してしばらくたつと、
どうにか車の運転をしたり人と話したりができるようになったが、
心と身体は相変わらずバラバラだった。夜中に急に目が開いたきり
眠れなかったり、会議中に理由もなく涙が止まらなくなったりする
のには閉口した。

中谷さんが僕のところへやってきたのは、四十九日をだいぶ過ぎた
ころだった。彼女は雪子の中学時代からの親友で、僕も何度か顔を
合わせたことがあった。

「お渡ししていいのか、ずいぶん迷ったんですけれど」
中谷さんはそう言って、バッグから小さなビロード張りの箱を取り
出した。手に持ったまましばらく見つめていたが、ここまで来たら
しかたがないというように、テーブルの上に置いた。

ふたを開けた中身は首飾りだった。金色の細い鎖に繋がれた楕円形
のペンダント。白いエナメル地に、粒真珠をあしらった飾り文字で
『Yukiko』と刻まれている。『Yukiko』。ゆきこ、と
僕は口の中で反復し、中谷さんの顔を見返した。

「雪子に頼まれたんです」中谷さんは言った。
「これ、雪子の髪の毛なんです」

→第2号につづく→
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ