読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

モーニング・ジュエリー

2.使者


去年の夏だった。
雪子と僕は、アンティークの宝飾品をあつかう美術館を見学した。
休暇を利用した旅先でのことだ。展示室に入っていくと、磨き上げ
られたガラスの向こうで、鈍い光を放つ品々がひっそりと僕たちを
待ち受けていた。

ある作品の前で、雪子の足がとまった。
それはゴージャスな金細工のブレスレットで、女性の片眼を描いた
エナメルの飾りがついていた。"モーニング・ジュエリー"と記した
解説のタイトルを見て、僕は、
「何これ。朝に使う腕輪?」とばかな質問をした。
雪子が笑い、よく読んで、と言った。

モーニングとは mourning 即ち人の死に対する哀悼の意味だった。
中世以降のヨーロッパでは、故人を偲ぶアクセサリーを身につける
ことが流行していたという。そのブレスレットに描かれた瞳の主は、
19世紀に若くして亡くなった英国の王女だった。

「あの世から見つめられながら生活してたんだ」
僕は首をすくめた。
「タフだよなあ、昔の人は」
雪子は白い額をガラスによせて見入っていた。そのコーナーには、
骸骨をかたどったリングや、故人のイニシャルが入ったペンダント
など、様々なモーニング・ジュエリーが置かれていた。

花束の模様の細密画が施された、一見ふつうのブローチもあった。
繊細な線の1本1本が死んだ人間の髪の毛であるとわかったとき、
僕はかるい寒気をおぼえた。

…美術館の外は、爽やかな高原の空気にみちていた。
並んで歩きだしながら、雪子がそっと僕の袖を指先で捉える。肩を
抱くと、ほのかな体温を感じた。

生きている、雪子も俺も。そう僕は思い、中世ヨーロッパの黴臭い
空気を入れ替えるように、思いきり深呼吸をした。
「ねえ」雪子はまだ、夢から醒めきらない瞳をしていた。
「こわがらないでね」
「何を?」
「もしもあたしが、あの王女さまみたいになっちゃっても」

雪子。何百回、何千回呼んだかわからない愛しい名前。ローマ字に
して6つの文字。たった6つの文字に彼女は姿を変えて、喫茶店の
テーブルの上から僕を見つめている。
「だいじょうぶですか?」
顔を上げると、中谷さんの気遣わしげな視線とぶつかった。
「すみません。思い出してた」
「…」
「これに似たアクセサリーを、彼女と一緒に見たことがあって」

宝飾品のデザインと制作の仕事をしている中谷さんに雪子が頼み事
をしたのは、死の1か月前だった。
枕の下から切り落とした髪の束を出されたとき、中谷さんは思わず
泣き出してしまったという。縁起でもない、と立ち上がったその手
をつかみ、雪子はめずらしく強い口調でひきとめた。

「忘れてほしくない、ではないんだそうです」
中谷さんは、じっとペンダントを見下ろしていた。
「彼は私のことをずっとおぼえていてくれる。それはわかってる。
雪子、そう言ってました」
そっとペンダントのおもてに触れた。
「彼女が、望んでいるのは、」
望んでいた、とは言わなかった。気弱な一人娘の気持を代弁しよう
とする母親みたいだった。

「いつも、思い出してほしい」僕はつぶやいた。

はっと僕を見た中谷さんの唇が震え、見つめるその目に、みるみる
うちに涙が溢れだした。
「ありがとう」僕は言い、ペンダントを内ポケットに入れた。思い
がけない重さだった。胸の奥底の井戸に、小さな石が投げこまれた
ような気がした。

→ 第3回へつづく →
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ