読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

モーニング・ジュエリー

3.形見分け


歯ブラシに化粧瓶。さんご色の口紅。木綿のカバーのクッション。
水色のパジャマ…一緒にいた4年のあいだに、僕の部屋にはいつの
間にか、雪子の持ちものが増殖していた。

服はお互いに半分くらいは、相手の部屋に置いていた。ダンボール
ひと箱ぶんにもなりそうな文庫本とCD。スケッチブックと色鉛筆。
小さなフライパンは、「これでないと美味しいオムレツができない」
と、雪子がわざわざ自分の部屋から持ってきたものだ。

「私は料理苦手だけど、」
中谷さんはフライパンを手鏡のように顔の前に持ち上げた。
「これだけ使い込んであれば、もしかしたら奇跡が起きるかも」

埃だらけのフローリングに、陽の光がいっぱいに射し込んでいた。
春の訪れを前に、雪子の親友である中谷さんに、遺品をあずかって
もらうことに決めた。雪子の残像がばらまかれた部屋の中に立った
中谷さんは、やや途方に暮れた様子でつぶやいた。
「雪子、幸せだったんだ」

少し前の僕なら、そんなさりげない言葉ひとつで何も考えられなく
なってしまうところだったろう。でも今はなんとか心を震わさず、
ゲストのためにコーヒーを淹れることができる。
「彼女の部屋にある僕の私物も、適当に処分してもらうことにした
んです。お互いにもう、そういうことで会うのもしんどくて」
わかります、と中谷さんの声が背中で聞こえた。

コーヒーを持っていくと、中谷さんは雪子のスケッチブックを見て
いた。開いたページは、ミルフィーユのイラストだった。
「雪子の大好物」中谷さんは微笑んだ。ミルフィーユをくずさずに
食べる天才。銀のフォークを握った雪子の、白く長い指。
「しっかりおあずかりします」中谷さんは、次の週末に荷物運びの
車をよこすことを約束して、帰っていった。

カップを片づける段になって初めて、ミルクと砂糖を出しわすれて
いたことに気がついた。雪子と僕がブラック派だったからと言って、
失礼な話だ。今さら遅いと思いながら、窓の外を見下ろした。駅の
ほうへ歩く中谷さんの後ろ姿。雪子と違って身体の小さな彼女は、
早春の風にあおられて、ひどくたよりなげに見えた。

その年の夏は、記録的な暑さだった。

アイスティーのグラスが汗をかいている。カフェのテラス席は木の
陰だったが、絶え間ない蝉しぐれが体感温度を上げまくっていた。
「やっぱり中に行こうか」声をかけると、中谷さんは「そうね」と
肩をすくめて微笑んだ。

僕たちは週にいっぺんずつぐらいのペースで会っていた。何をする
というのでもなく、ただ一緒に食事をしたり、バーで酒を飲んだり
して別れた。相変わらず苗字で呼び合い、変わったことといえば、
互いに敬語を使わなくなったことぐらいだった。それでも途切れる
ことなく、色んなことを話した。中谷さんと僕の間には、いつでも
おだやかで心地よい距離感があった。コーヒーが苦手な彼女に濃い
ブラックを飲ませたことも、今では笑い話になっていた。

ただ、たまに沈黙がおとずれたとき、ふいにぎこちなくなることが
あった。僕の中で、そしてきっと中谷さんの中でも、ひっかかって
いるのはペンダントのことだった。雪子が彼女につくらせた、雪子
の髪の毛で名前を綴った、あのペンダント。中谷さんは気になって
いるだろう。僕があのあと、あれをどうしたか。

実は肌身はなさず持っていた。つくづく眺めることは滅多にないが、
腕時計や携帯と同じように、忘れると落ち着かないもののひとつに
なっていた。

やや不自然な沈黙をごまかすように、僕は煙草を買いに立った。
販売機の前に来たとき、なぜだかひどく気になって、ポケットから
ペンダントを出してみた。

販売機の蛍光灯が、一瞬かっと明るくなったような気がした。

名前の文字が乱れていた。いや、乱れていたという表現は正確では
ない。雪子の髪の毛で描かれた6つの文字の勢いが、飾りの粒真珠
をはじき飛ばさんばかりに強くなっている。僕は目を離せないまま、
その場に座り込んだ。

雪子。

雪子の髪が、伸びていた。

→ 最終回へつづく →
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ