読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

モーニング・ジュエリー

4.告白


…ごめんなさい。
私、コーヒーは苦手で…すみません、せっかく淹れて下さったのに。

はい、まともに飲んだの、いちどだけなんです。彼の部屋に初めて
行ったとき…あれは、彼が私のために最初に淹れてくれたコーヒー
でしたから。

そうです。そのペンダントは私がつくりました。宝石のデザインと
制作が仕事で。といっても、下請けがほとんどなんですけど。自分
でデザインから起こしてつくったのは久しぶりでした。それも髪の
毛を使うなんて…あ、それ。ゆきこ、ってアルファベットで描いて
あるの、それ髪の毛なんですよ。刺繍糸のかわりに使ってるんです。

彼の、亡くなった恋人の名前です。時田雪子さん。私の友だちでも
あるんです。彼女に頼まれて、私はそれをつくったんです。

雪子ですか? 中学のときから一緒でした。親友って言葉はあまり
好きじゃないけど、でもそういう関係だったと思ってます。だから
彼女も、私に頼んでくれたんです、きっと。

…ええ。彼の負担になるんじゃないかってことは、私も迷いました。
でも、雪子の気持もわかるんです。彼のこと、とても愛してました
から。それにね、ほんとにきれいだったんですよ、彼女の髪。何か
ひとつ遺そうとしたら、やっぱり髪の毛しか考えられなかったんだ
と思います。彼だってそのこと、よくわかってたはずです。少なく
とも私がペンダントを渡したときには、気味悪がってる様子なんて
全然ありませんでした。

おかしくなったのは…8月の上旬。暑い日でした。日にちは日記を
見ればわかります。青山の『S』っていう店です。あそこでお茶を
飲んだ日から、彼の中で何かが狂ってしまったんです。

雪子が好きでした。死んでしまうなんて、思ってもみなかったです。
彼が悲しんでいるのを見るのはつらかったけど、立ち直ってほしく
もなかった。だって、雪子はあんなに苦しんで死んだんですから。
私は彼の長いリハビリに付き合うみたいにして、そばにいられれば
それでよかったんです。

いけないことでしょうか?

雪子が怒ってるって、彼はそう言いました。怖がってる言い方じゃ
なかった。そのペンダントをこう、空に掲げて、うっとり見上げて。
ほらね、雪子がここにいるんだ。ずっと考えててやらなきゃ。そう
しなきゃならないんだって。あの笑顔で言うんです。

そうかと思うと、夜中に電話がかかってきました。眠れない、俺は
もうじき殺されるって泣いて。でも部屋に入れてはもらえなかった。
ドアの向こうで、きっとがたがた震えてたはずなのに。私はずっと
廊下に座って、初めて雪子に嫉妬してました。もう世界のどこにも
いないのに、こんなに彼を縛りつけている雪子が妬ましかった。

あたしは。

ずっと彼を見てました。ずっと前から、あたしのほうが雪子よりも
愛してる、何倍も何十倍も愛してるって思ってた。だけどそんなの
無意味でした。一番強かったのは彼の気持だったから。止めるすべ
なんかなかった。それどころか、拍車をかけてしまったみたいです。

…はい、それは何度もお話ししたとおりです。雪子が住んでたマン
ションの屋上から、彼は自分で飛び降りたんです。

自殺する人が、どこかで助かりたいと思ってるってほんとですね。
電話を聞いて駆けつけたときには、彼、まだそこにいました。なか
なか決心がつかなかったみたい。だってあのひと高所恐怖症だから。
前に、あたしだけにこっそり教えてくれました。雪子が展望台とか
大好きだから、いつも必死で付き合ってるんだって。

やっぱり渡すべきじゃありませんでした、こんな気持の悪いもの。
人形の髪が伸びてくるって、ずっと昔にありましたよね。あの話が
頭のどこかにあったのかしら。

え? ええ。彼がそう思いこんでしまっただけです。雪子に罪悪感
を感じていたから、ペンダントの中の髪の毛が伸びてるように見え
たんでしょう。

伸びるわけないじゃないですか。だってそのペンダントのどこにも、
雪子の魂なんか入ってない。

入っているのはあたしです。

あたしの、彼への気持なんです。それをつくったのはあたしだし、
その中に入ってるのは、あたしの髪の毛なんですから。

― 完 ―
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ