読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

春の雪

1.予感


バレンタイン・デーという日の仕掛け人は、東京のとある製菓会社
だったという。そんな事情を知った上で、なおかつチョコレートが
売れるのは、何のかんのいっても日本人がイベント好きだからなの
だろう。

実際にこの日をロマンティックに考えているのは、せいぜいが十代
の後半までの人のような気がする。

大人は哀しい。恋人同士でさえ、どことなく義理めいた感じがつき
まとう。ましてやオフィスの中では、である。仕事にロマンなんて
必要ないけれど、それにしてもうちの会社の風習はひどすぎる、と
佐倉綾は思う。

綾の職場のバレンタイン行事は、実質3分で終了する。前日に当番
が買いに行ってロッカールームに保管しておいたチョコレートを、
朝礼開始前に一斉に配るのである。その際の挨拶まで決まっている。
お世話になってます、というのだ。

「お世話になってまーす」
女子社員たちが、なんとも心のこもらない声で連呼しながら上司や
同僚のデスクを回るさまは"義理"そのもの、いや、もはや義理さえ
も感じられないかもしれない。かりにも同じ会社の同じ部に属し、
それなりに苦楽を共にしているというのに。頭の中は疑問符だらけ
になりつつも、部内の女子社員の中でも年長組にあたる綾は、先頭
に立ってチョコレートを配っているのだった。

紙袋の中の包みが、あと一つになった。

綾は黙ったまま、笠原幸広の前にチョコレートを置く。「お世話に
なってます」。この言葉を一番言わなければならない相手がいると
すれば彼のはずだが、口を開けば笑い出してしまいそうだ。察して
くれているのか、笠原は無表情に視線をそらしている。

笠原の手の中に、いつもの喫茶店のマッチが見えた。ふたりだけに
わかる符帳である。終業後1時間したら、綾はその喫茶店の片隅で、
20歳も年上の彼に、きちんと時間をかけて選んだ品を渡すことに
なるだろう。

チョコレートがすべて行き渡ると、なにごともなかったかのように
平常の業務が流れ始めた。綾はコートを羽織り、坂口五郎の背中を
ばんと叩いて出発をうながす。坂口五郎はあたふたと書類を確認し、
鞄に詰め込む。入社1年目の五郎の指導係を命ぜられている綾は、
客先まわりには必ず彼を同行させることにしていた。

五郎を従えてフロアを横切ると、いくつかのきつい視線を感じる。
一番強い光を放っているのは神部友子の視線だ。五郎の恋人候補の
一人として、彼女は最も優位な立場にいるらしい。振り返ってみる
と、物怖じしない眼差しがはね返ってきた。
おー怖。綾は口のなかで呟いて、コートの衿を合わせた。

走り出したタクシーの中で、綾は五郎に、朝の義理チョコとは別の
包みを差し出した。ベルギーの、ゴディバほど有名ではないけれど
上質なチョコレートである。美しい包装も気に入っている。

「これって…個人的に?」五郎はほとんど"こわごわ"といった様子
で見つめた。仔犬のような瞳をしたこの青年の誤解を招かぬよう、
綾は爽やかに答える。
「一年で随分成長したじゃない? 最近は頼りになることもあるし」
一瞬の沈黙ののち「ありがとうございます」と五郎は押し頂いた。
驚きと期待と失望とがいちどきに顔に出て、ちょっと可笑しかった。

その日は比較的早く仕事が片づいた。

銀座の裏通りにある喫茶店の、一番奥の席に綾は落ち着いていた。
笠原は電話で話し込んでいたようだったので、すぐには出てこられ
ないかもしれなかった。

もっとも、待つのは嫌いではない。見慣れた店内の、沈んだ壁の色。
ほどよいボリュームで流れているバロック音楽。やがてあらわれる
笠原の照れた笑顔を心に描きながら、しばしのひとりの時間を毛布
のようにまとっていることは…。

ドアベルの音がした。

足音だけで笠原とわかった。顔を上げて、綾は自分の微笑が固まる
のを感じた。笠原は、いつもの席に座っている綾を見つけられない
かのように、戸惑った目を宙に泳がせていた。

→ 第2回へつづく →
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ