読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

春の雪

2.ゆれる想い


身体の中にくすぶるかすかな熱がを感じながら、坂口五郎は自分の
部屋の天井を見ていた。

天井に貼ったポスター。マグリットの『大家族』が見下ろしている。
「なんか怖い絵」
そう神部友子は言った。さっきまでとりとめなくしゃべりつづけて
いた彼女は、五郎の肩に頬をおしつけ、小さな寝息をたてている。

甘いもん食いたい。五郎は考えた。玄関に投げ出した鞄にはチョコ
レートがふたつ入っている。朝礼時に配布された恒例の義理チョコ
と、数時間まえに友子から渡されたシャンパン・トリュフの箱。

一番食べたいチョコレートは、コートの内ポケットの中だ。美しい
包装紙。あのひとは俺の好きな色を知ってる、と思ってしまった。
「ほら、出かけるよ!」
彼の背中を叩く佐倉綾の声が、頭の中で何度も響いている。

翌日、五郎は初めてひとりで客先へ出かけた。

佐倉綾は朝からおかしかった。コーヒーをひっくり返してパソコン
のキーボードを殺しかけ、コピーを裏がえしにとり、電話の転送を
受け損ない、挙げ句の果てにアポを完全に失念していた。どうにも
心配だったので、五郎のほうから一人で行かせてみてくれ、と申し
出たのである。人事異動の一覧の中に笠原部長の名があったことが、
綾の不調と無関係でないのは明らかだった。

赤坂のホテルのロビーで、綾と笠原を目撃したのは、昨年の秋ごろ
だったろうか。

噂は入社当時から聞いていた。けれど五郎は頑固に信じずにいた。
ルームキーを持った笠原に寄り添う綾。その後ろ姿がエレベーター
に吸い込まれるその瞬間まで、デマと思いこもうとしていた。

「落ち着かない人ね」
次の日、ショックととまどいに顔を強張らせている五郎に、佐倉綾
はあっけらかんと話しかけた。
「不倫なんかしてる女、先輩として信用できない?」
ちゃんと気づいていたのだ。

強がりと弱音とのあいだを右往左往し、冷静さを失うまいと絶えず
きしむ自分の心について、綾は五郎に話した。客先まわりの途中、
地下鉄のフォームから地上へ出るまでの、ほんの数分の間だった。

それでも堂々と幸福そうにしているのは、彼女がどうしようもなく
笠原という男を愛してしまっているからなのだろう。五郎は思った。
慕う心は偽れないものである。道ならぬ恋におちた綾と、見込みの
ない片想いとわかってなお、彼女の横顔ばかり見つめている自分は、
少し似ているのかもしれなかった。

会社の近くまで戻ってきたところで、携帯が鳴った。
「申し訳ない」佐倉綾だった。「今日はどうかしてたわ」
いえ、と五郎は微笑み、数分で帰社する旨を告げた。
「あのね」わずかな沈黙のあと、綾はあかるい声で言った。
「ダメになったわ」
「何がですか?」
「きのう指輪をくれたの。笠原さんが」
「…」
「結婚でもしてくれるのかと思ったら、お餞別だったの」

なにかを感じて、五郎は辺りを見まわした。携帯を耳にあて、俯き
加減で歩いてくる綾が目に飛び込んできた。

「坂口くん、直帰していいわよ」
五郎に気づかぬまま、綾は話しつづける。思わず五郎は見守る体勢
になった。綾はぼんやり立ち止まり、吸い寄せられるように舗道を
斜めに横切って、ガードレールに腰をおろした。痛みを耐えるよう
に、額に手のひらをあてた。
「もう6時半だし。金曜日よ。デートあるんじゃないの」
仕草とはうらはらの、からかうような声だった。

その通りだった。今朝、無理やりスペアキーを奪っていった友子が、
シチューを作って待っているはずだった。そうして自分がそこそこ
楽しく過ごすであろう同じ夜、綾は一人で部屋へ戻り、ひえきった
身体がほぐれるまで、コートを着たままで立ち尽くす…見たことも
ない彼女の自室の光景が、あざやかに浮かび上がってきた。

五郎は、綾に向かって駆け出していった。

→第3回へつづく→
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ