読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

春の雪

3.罪


すこし早い誕生日プレゼントだと言って、指輪の箱を差し出された
とき、綾はすべてが思い過ごしだったと安堵したものだ。

指輪をはめてみようとする彼女に、笠原は明日異動の辞令が出ると
告げた。転勤先は、都心から車で2時間ばかりの、中途半端に辺鄙
な町だった。

ひとつだけ幸いなのは、その土地に妻の実家があることだ。郷里に
戻って気分が変われば、自分たち夫婦はやり直せるかもしれない。
妻がそう言ったのだと笠原は話した。綾は黙って聞きながら、なぜ
この人は私の目を見ようとしないのだろうと考えていた。

最後の一言を切り出せずに、笠原は俯いていた。
こういうところが好きだったのだ。
指輪の石は、彼女の誕生石だった。アクアマリン。ずっと自分では
買わずにいた。いつか大好きなひとにもらうのが夢だったから。

言ってもしかたのないことだった。指輪をテーブルにのこしたまま、
綾は席を立った。

ほぼ24時間後。綾の隣には坂口五郎がいた。

五郎はしずかに座っていた。よけいなことは何もしゃべらず、ただ
綾の酒がなくなると同じものでいいかとたずね、自分は薄い水割り
をちびちびと啜っていた。

「帰って」やっとのことで、綾は言った。
「あたしも少ししたら帰るから」
しゃべってみると、呂律があやしいのだった。立てます? と五郎
が微笑んだ。綾は素直にかぶりをふった。
「みっともないね。ひとりになりたくないの」
「だから、いいじゃないですか」
「だれか待たせてるでしょう」
「…」
「来たときに携帯の電源切ったじゃない」

心地よい距離をたもちながら、いつまでも憧れのまなざしを向けて
くれる可愛い後輩。もてあそぶ気持が、たしかにあった。これ以上
甘えてしまうぐらいなら、このままひとりで外に出て、路上で酔い
つぶれて凍死するほうがマシだった。

タクシーの中では、ずっと背筋を伸ばしていた。部屋の前まで送る
という五郎を押し戻し、1万円札を無理ににぎらせ、マンションの
階段をよろよろと上がった。ベッドに倒れ込んだとき初めて、男物
のマフラーがふわりと首にまかれているのに気づいた。

3月に入り、笠原は転任していった。

はたから見ると悲惨かも、と思いながら、綾は仕事に打ち込んだ。
『笠原部長を閑職に追い込んだ女』である以上、揚げ足をとられぬ
よう、脇目も振らず働くしかなかった。

「栄養補給しませんか」
昼休み、だれもいないフロアでパソコンを叩いていると、いつの間
にか背後に五郎が立っていた。
「食欲ないのよ」振り返ったことを後悔しながら答えた。久しぶり
に見た五郎の目は、相変わらず一点の曇りもなかった。
「今じゃなくて、今夜」五郎は笑った。
「うまいヤキトリの店、見つけたんで。バレンタインのお礼です」
「…」
「それだけです」

時間と場所を一方的に告げると、五郎はコートを羽織り、ホワイト
ボードに『東都商事→直帰』と走り書きして出ていった。
綾はぼんやり見送っていた。あいつってば、いつの間にかひとりで
仕事してる、と思った。

→ 最終回へつづく →
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ