読むドラマ -沢木まひろ-

くつろぎのひとときに、沢木まひろがお届けする『読むドラマ』をどうぞ! 笑える話。ちょっと切ない恋のエピソード。そして背筋の凍るホラー系。ひとつのストーリーを4回完結でお送りします。

沢木まひろ

現代メロンパン考

日々つれづれ思ふ事

読むドラマ

雑文の女王


発行部数

沢木まひろ自己紹介

あなたもライターになれる

 

読むドラマ

2003.2月のヨムドラ
◆至上の恋

-1-腐れ縁

-2-気の毒な人

-3-気の毒な人Part2

-4-君しだい

2003.1月のヨムドラ
◆モーニング・ミルク

-1-雪の精

-2-情けない話

-3-Who are you ?

-4-愛シテル

2002.12月のヨムドラ
◆オーサカ・エンジェル

-1-運命の人

-2-大盤ぶるまい

-3-トラ女

-4-空に舞う白

2002.11月のヨムドラ
◆あなたに似た人

-1-少年

-2-悪夢

-3-常緑樹

-4-しあわせな結末

2002.10月のヨムドラ
◆フラジール

-1-ナンバー・ワン

-2-ビーズの午後

-3-

-4-

2002.9月のヨムドラ
◆ラプソディ

-1-片づかない女

-2-満ち潮

-3-九月の向日葵

-4-さかいめ

2002.8月のヨムドラ
◆二十歳の原石

-1-美女と野獣

-2-事故

-3-失望

-4-主演女優

2002.7月のヨムドラ
◆祭りの夜に

-1-妻の家

-2-アプローチ

-3-それぞれの才能

-4-家路

2002.6月のヨムドラ
◆いつも、こんなふうに

-1-深窓の佳人

-2-リハビリ

-3-不幸

-4-運命

2002.5月のヨムドラ
◆再会の時

-1-ランデヴー

-2-雨の夜

-3-彼の部屋

-4-約束

2002.4月のヨムドラ
◆縁は異なもの

-1-兄弟(きょうだい)

-2-歩く女

-3-影武者の逆襲

-4-ハッピー・エンド

2002.3月のヨムドラ
◆やさしい雨

-1-白い少女

-2-猫の恩返し

-3-惑い

-4-やさしい雨

2002.2月のヨムドラ
◆春の雪

-1-予感

-2-ゆれる想い

-3-

-4-恋する女

2002.1月のヨムドラ
◆モーニング・ジュエリー

-1-美しい女(ひと)

-2-使者

-3-形見分け

-4-告白

2001.12月のヨムドラ
◆ブルー・クリスマス

-1-空腹

-2-雪女

-3-かなしいストロベリー

-4-永い恋

2001.11月のヨムドラ
◆素敵な嘘

-4-初体験(完)
-3-料理の達人
-2-ヤな女
-1-珍客
◆読み切り特別編
百年の孤独(2002.12月)
9・11(2002.9月)
マリッジ・ブルー?(2002.6月)
カラスの惑星(2002.3月)
おかえり。(2001.12月)

春の雪

4.恋する女


神部友子は生まれてこのかた、"愛されない"不安など一度も感じた
ことはなかった。

家族は父と母と13歳離れた兄が一人。親が3人いたようなもので、
それこそ蝶よ花よと育てあげられた。学問もスポーツも、苦労せず
こなせる能力に恵まれた。そしてレジャーのごとき恋愛は、いつも
すべて彼女の思うままだった。友子の21年の人生は、例えるなら
青空に向かって思いきり枝を伸ばす白樺の木だった。

そんな白樺の木肌を、坂口五郎は無惨に引き剥がしていった。一度
剥がれた白樺の木肌は、永遠に元にはもどらない。

「おいしそうに食べるね」
キャベツとアンチョビのパスタの皿から顔を上げると、坂口五郎は
微笑んでいた。バレンタイン・デーの夜。あえて気軽なチェーンの
イタリア料理店を選んだ。ワインを注いでくれた五郎の、指の長い
美しい手。何度も目を見て笑い合った。あの晩、やっと彼は自分の
ほうを向いてくれた。そう思ったのに。

一緒にいた時間は、自分のほうが長かったはずだ。

最初に誘ったのは友子だった。オープンしたての遊園地のチケット
を、人からもらったと言って見せた。ジェットコースターが好きな
五郎は単純に喜んだ。その笑顔を心に描きながら、自分はコンビニ
の端末機の前に立っていた。あの時点ですでに不利な恋だったのだ
と、今さらながら思う。

五郎は今にも土下座しそうな様子で頭を下げた。
「こんな気持のままじゃ俺、君と付き合えない」
まるで学園ドラマだった。そんなくさいセリフでふられている自分
が笑ってしまうほど滑稽で、友子はほとんどやけくそで、佐倉綾に
会いにゆく五郎の後をつけたのだった。

日比谷の噴水前。五郎は身じろぎもせず立っていた。1時間が過ぎ、
寒さに耐えかねた友子が近くの店にカフェ・ラ・テを買いに行って
戻ってきても、まだ立っていた。

やがて、佐倉綾は腹立たしいくらいゆっくりとした足取りで、五郎
が背中を向けている方角に現れた。彼女は10メートルほど手前で
五郎の姿をみとめると、口をあけて立ち止まった。

友子は見ていた。

綾は、まだ自分が来たのを知らない五郎の後ろ姿を、まるで自由の
女神でも見上げるような表情で眺めていた。寒さに縮こまった身体
がふうっとゆるみ、迷惑そうによけていく人々にも構わず、一心に
彼女を待ち続ける男の背中に、釘付けになっていた。

我にかえって、綾は頭を振り、両方の手のひらで自分の頬をかるく
叩いてから、五郎に近づいていった。ヒールの踵が、隠しきれずに
一瞬弾んだ。そして振り向いた五郎が素直に、ほんとうに嬉しそう
に笑った。

友子は小走りにその場を離れた。

全速力で駅まで歩いた。冷え切ったカフェ・ラ・テがこぼれて白い
コートの胸に飛んだ。あたたかく感じられるのは、曇った自分の息
だけ。髪が乱れ、頬が紅らんで、さぞみっともない顔になっている
だろうと思いながら歩いた。涙は出なかった。

フォームにあがると、習慣的に携帯を出し、よびだす相手を探して
いた。メモリーをスクロールしつくして、五郎につけられた傷口は
五郎にしか治せないのだと気づいて、がくぜんとした。

ベンチに腰をおろすと、背筋がこわばるくらいに冷たい。こんなに
底冷えのする夜にはもしかして、と思いながら見上げると、真っ黒
な空に白く、ちらほらと舞うものがあった。

3月14日。今日は佐倉綾の誕生日だ。バレンタインのときに話題
に出たので知っている。
「でも最近は公表してないの。倍返しを強要してるみたいだから」
綾はそう言って笑った。この冷たい初雪が電車をとめたとしても、
彼女にとっては何よりのバースデー・プレゼントかもしれない。

友子は立ち上がり、カフェ・ラ・テで汚れた白いコートを裏返した。
真紅のレザーコートに早変わりした。リバーシブルになっているが、
裏を着るのは初めてである。彼女は目のさめるようなその赤い色を
羽織ると背筋をのばし、近づいてくる下り列車のライトを見つめた。

まだ負けと決まったわけじゃない
この気持は、世界中のだれにも劣らない。

彼女の恋は、今はじまったばかりなのだ。

― 完 ―

2002.02.23
 

沢木まひろ


スポンサード リンク

読むドラマ


 

たまごや

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2001.11.03
訪問者数:
更新:2008.11.20
デジタルたまごやトップ